キングダム

キングダム王翦が李牧をスカウト!新しい最強の国はできるのか?

キングダム607話で、かなり衝撃の展開が待っていました!

なんと「新しい国を作らないか」と王翦が李牧をスカウト!

王翦は常にポーカーフェイスで、何を考えているのかわからない部分が多かったですが、この展開は流石にぶっ飛びすぎだろ!!ということで、ネットがざわざわしております。

ということで、この記事では王翦が李牧をスカウトしたことにより、608話の展開がどうなるかを予想します。

また、本当に王翦のスカウトに李牧が乗ってくるのか?ということも考えてみたいと思います。

>>キングダム607話の復習はこちら!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

王翦が李牧をスカウト!

キングダム607話で、衝撃の展開が待っていました。

王翦軍の赤大鶴(せきたいかく)の陣が今まさに完成するという直前。

王翦は戦いの中央に突如現れます。

そして、それに呼応した李牧も、王翦の前に現れる。

そして、王翦がこう言ったのです。

 

「私と一緒に来い、李牧。お前が私と組み力を貸すなら、二人で全く新しい最強の国を作ることができる」

 

いくらなんでもぶっ飛びすぎでしょ!!

という印象があるこの一言。

「ここで死ぬのは惜しいから、秦に来い」というならまだわかります。

「新しい最強の国を作るぞ」というのは、秦に対する裏切りでもありますからね。。

さすが王翦。

 

王翦の誘いに李牧は乗るのか?

そして気になることは当然、「李牧は王翦の誘いに乗るのか?」ということ。

誘いに乗る方が漫画の展開としてはとても面白くなりそうですよね。

ですが私は、”李牧は絶対に王翦のスカウトには乗らない”と予想しています。

おそらく皆さんもそう思ってると思いますが。。

重要なのは、スカウトに乗らない理由、ですよね。

ということで、なぜ李牧は王翦のスカウトに乗らないのか、ということを考察します。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

李牧が決して王翦のスカウトに乗らない理由

私が考える、李牧が王翦のスカウトに乗らない理由は2つあります。

  1. 李牧が”ついていきたい”というほどの魅力が王翦にない
  2. 李牧は趙に誇りを持っている

 

どういうことか、考察していきましょう!

 

李牧が”ついていきたい”というほどの魅力が王翦にない

王翦は確かに天才です。

知略型と本能型の混合の陣を使うことができ、しかもその精度は李牧以上であることが607話で明らかになりました

つまり、戦場での王翦は、李牧以上だったことが証明されました。

しかしそれでも、王翦には魅力が足りない。

 

秦国内でも王の位を狙っていると言われて評判がよくありません。

かつて廉頗も、王翦の能力を認めながらもつまらん男だと興味を持ちませんでした

また王翦自身も、仮面で顔を常に隠すなど、自分自身を他人に開示しない性格の持ち主です。

 

一つの国を作るとなると、王翦と李牧は心の底から信頼しきれていないと長いこと繁栄させることはできません。

そういった意味では、王翦と李牧は全くと言っていいほど信頼関係は皆無です。

 

そのため、李牧は王翦に付いて行こうとは思わないのではないでしょうか。

今の所、戦場ではトップを争うほどの強さを見せる王翦と李牧。

しかし一つの国を作るとなると、戦さの強さとはまた別の側面が必要になりそうです。

 

李牧は趙に誇りを持っている

そもそも李牧は趙に誇りを持っていることも見て取れます。

607話で王翦と対話した李牧。

その時に李牧は「趙には160年の歴史の重みがある」などと語っています。

このセリフからも、李牧は趙に愛着を持っており、趙に対して誇りを持っているのではと考察できます。

 

李牧はあくまで「趙」という国を背負って中華の覇者になりたいのではないかと考えられます。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

王翦の誘いは朱海平原で勝つための作戦?

そもそも王翦が李牧をスカウトしたのは、本気でスカウトしようとしたのではなく戦をいち早く終わらせるための作戦だった可能性もあります。

というのも、王翦は戦の中央に登場して李牧をスカウトしようとしなくても、通常通り赤大鶴(せきたいかく)の陣を敷くことで趙軍を討つことは十分可能だったのではないかと考えられるからです。

王翦は「面倒だ。まとめて一気に決着をつける」と言って、赤大鶴の陣を敷きました。

王翦のこの言葉は「赤大鶴の陣を敷いて武力で圧倒することで決着をつける」という風にも読み取れます。

しかし少し考えると、もしかしたら「赤大鶴の陣を敷いて武力で圧倒して心を折り、対話によって決着をつける」という意味だったのかもしれません。

 

となると、王翦のスカウト自体もこの戦の決着をいち早くつけるための作戦の一環かもしれません。

 

あまり描写はありませんが、王翦軍も兵糧が少なく限界だった可能性があります。

となると、1分でも1秒でも早く戦を終わらせたい、という総大将としての王翦の判断だったかもしれませんね

となると、この朱海平原の戦いは対話により608話で決着がつく可能性があります。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

王翦のスカウトにネットの反応は?

この王翦のぶっ飛んだスカウトに、ネットではお祭り騒ぎです。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ

キングダム607話で、まさかの李牧をスカウトした王翦。

これにより、ネット上ではざわざわお祭り騒ぎです!

私の予想では、李牧は王翦のスカウトに乗らない、と思っています。

むしろ、このスカウトは戦を一刻も早く終わらせるための布石なのではないか?と。

次回608話では、対話により決着がつくのか!?

今すぐお得にアニメや漫画を楽しみたいならU-NEXTがオススメ!

 

  • お得にアニメや漫画を楽しめないかな・・・
  • 過去のアニメをお得に一気に見たい・・・
  • テレビの放送時間ではタイムリーにみることができないので、時間を気にせず見たい・・・

 

これは、かつて私が持っていた悩みでした。

しかし「U-NEXT」との出会いにより、この悩みは全て解消しました!

U-NEXTはいつ解約してもOKで、31日間の間に解約すれば、一切の料金はかかりません!

今すぐ無料でアニメや漫画を楽しみたい方は↓からどうぞ^^

 

【無料】今すぐお得にアニメや漫画を楽しむ

見逃し配信バナー↑今すぐお得にアニメや漫画を楽しむ