キングダム廉頗四天王とは?介子坊・輪虎・玄峰・姜燕のランキング

キングダム
スポンサーリンク

キングダムの元趙三大天の一人として六国を震え上がらせた廉頗(れんぱ)将軍。

その強さは趙を離れて魏へ行ってからも健在。

秦が魏の山陽へ攻め入った時には、廉頗の策略と武力の前に、秦軍も動揺せざるを得ませんでした。

王騎将軍とも仲が良く、よくお酒を酌み交わしていたと言います。

強いだけじゃなく器もでかい廉頗。

その廉頗が抱えている直下兵である廉頗四天王の存在も廉頗の勝利に大きく貢献してきました。

王騎将軍に一太刀浴びせたという輪虎(りんこ)、あらゆる策を駆使し敵を駆逐する玄峰(げんぽう)、中華十弓にも入っている姜燕(きょうえん)、単純な力対力では負け知らずの介子坊(かいしぼう)

今回は、廉頗の紹介と、連覇四天王である介子坊・輪虎・玄峰・姜燕をランキング形式で紹介していきます!

 

スポンサーリンク

キングダムの廉頗とは?

元趙三大天で、身体も大きく、額の大きな傷も歴戦の大将軍だということを感じさせてくれます。

廉頗は大将軍に必要なものをこう言っています。

「百の精神力!百の腕力!さらに百の知恵!あと百の経験と百の幸運!!」

これには信も思わず「多い、、、」とこぼしています。

これらすべてを兼ね備えた廉頗はとてつもなく大きな存在、天下の大将軍といって間違いないでしょう。

 

そして、廉頗は本能型の将軍であり、蒙豪将軍の策もその勘の良さで次々に突破していきます。

>>知略型・本能型の将軍ランキング!

 

この後ろ姿は麃公将軍を思い出させますよね。

一体麃公将軍と廉頗が戦ったらどっちが強いのでしょう。

そして、この廉頗を支えるのが、知略と武力に秀でた四天王たち。

廉頗四天王の特と強さをランキング形式で紹介します!

 

スポンサーリンク

キングダム廉頗四天王と強さランキング!

キングダムの連覇四天王をランキング形式でまとめます!

廉頗四天王第4位 破壊力抜群の介子坊(かいしぼう)

大柄な男で気の強さと腕力に関しては廉頗にも負けていない介子坊。

玄峰も、介子坊の敵を破壊する力は廉頗にも匹敵すると言っています。

実際、桓騎本陣に突っ込んだ介子坊は、桓騎本陣を半壊させました。

そして、その後は散り散りになりながらも本陣の廉頗を助けるため、数十騎で蒙豪本陣に突入してきました。

もっと介子坊の戦がみたかったですが、廉頗が亡命した楚と秦との戦いのときに見られると思います!

亡くなってしまった臨武君の代わりぐらいの立場ででてくるかなあと想像しています!

体格や頭のツルツル具合も似ていますからね!(笑)

 

廉頗四天王第3位 中華十弓の矢で軍を自在に操る姜燕(きょうえん)

中華十弓に数えられる弓使いの姜燕。

姜燕の夜は常人の倍以上の飛距離を出せます。

戦局全体を把握しながら、その矢で自軍の兵を操り、山を越えて指示を出すことが出来ます。

山中や複雑な地形では姜燕がいることは心強いことこの上ないでしょう。

それを知ってか、王翦将軍も姜燕を自軍に招き入れようとしました。

ただ、廉頗程の武力はないようで、廉頗との熱い抱擁の後には、よろけていました。

姜燕もまだその実力の全容を見切れていないので、本気をだしているところをどうにかしてみたいところです。

目を瞑っているようにみえますが、この目が見開くような場面がくるのでしょうか?

 

廉頗四天王第2位 廉頗の師匠、おじいちゃん軍師玄峰(げんぽう)

たびたび登場するおじいちゃんキャラの中でも際立って戦に強いのがこの玄峰。

山陽の戦いの初日には煙幕や罠を使い、飛信隊・玉鳳隊を翻弄します。

また、その後も桓騎本陣を見つけ出すなど、恐ろしいほどの戦術眼を発揮しますが、桓騎の奇襲に敗れてしまいます。

玄峰が討たれたときの、廉頗と輪虎の悲しみようは、玄峰の存在の大きさを象徴するものでした。

廉頗の師匠でもあり、輪虎の師匠でもある玄峰。

誰よりも戦が見えていて、廉頗軍の軍略はほとんど玄峰が考えたものだったようです。

この先、玄峰なしでの戦は過酷なものになるかもしれませんが、師匠の想いを受け継ぎ、楚国で廉頗は躍進することでしょう。

 

廉頗四天王第1位 王騎将軍をも脅かす四天王最強の輪虎

廉頗四天王最強の武将で、廉頗が最も信頼を置いている人物。

廉頗が三大天だった時代も、六将と戦うときはいつも輪虎の軍が敵を粉砕していきました。

六将王騎の本陣をも突破する実力の持ち主で、王騎種軍に一太刀浴びせたこともあるようです。

輪虎は戦災孤児で、廉頗に拾われ、ここまで強くなりました。

廉頗への絶対的な忠誠心からここまで大きくなったのでしょう。

飛信隊信と玉鳳隊王賁が2人で襲い掛かっても、なんなくはねのけるほど強いです。

そんな輪虎も信に討たれてしまいます。

信との戦いは激闘でした。

両者ともに落馬し、大雨の中、泥だらけで切りあい、一瞬のスキをついて信が輪虎の身体を貫く一撃を繰り出し、輪虎は討ち死にしてしまいました

信は輪虎のような傑物にあえて感謝していますし、輪虎の想いも乗せて大将軍への道を歩んでいます。

敵ながらにして尊敬もできる輪虎。

亡くなってしまうには惜しい存在でした。

 

スポンサーリンク

廉頗四天王まとめ

いかがだったでしょうか、廉頗と四天王!

廉頗がとてつもない怪物なのは間違いないですが、廉頗四天王も間違いなくとんでもなく強いです。

その四天王も輪虎は信に、玄峰は桓騎に討たれてしまっています。

六将・三大天の時代は完全に終わろうとしているのでしょうか。

今後、楚に亡命した廉頗は、どんな状況で、誰の前に立ちはだかるのでしょう。

その時、姜燕と介子坊はどれほど成長しているでしょうか。

まだまだ現役だと豪語する廉頗ち廉頗四天王の今後の展開にも注目です!

タイトルとURLをコピーしました