光月おでんとゾロは剣術の流派が似てる?強さの共通点はシモツキ村に!

ワンピース
スポンサーリンク

961話で光月おでんが、巨大なイノシシを真っ二つにするほどの大技を披露しましたね。

実はいま、ネット上でゾロの技と似ているということで話題になっています。

以前からゾロはワノ国と関わりがあるのではと噂されてました。

果たして、それは本当なのでしょうか?

今回の記事では光月おでんとゾロの剣術を考案すると共にワノ国とゾロとの関わりについて予想していきます。

 

>>光月おでんの刀を紹介!四皇カイドウに唯一傷をつけた閻魔のランクは?

>>ゾロの刀歴代一覧を紹介!最終的に持つ刀の一つは閻魔で種類や強さは?

 

スポンサーリンク

光月おでんとゾロの剣の流派は似ている?

 

961話でついに光月おでんの二刀流が披露されました。

相手は花の都に襲来した山の神と呼ばれる巨大なイノシシ。

 

 

山の神を倒す際に「桃源白滝」という大技を放ち、巨大なイノシシを真っ二つにしてしまいます。

 

 

閻魔と天羽々斬を愛用していたのは既に周知のことだと思いますが、光月おでんは18歳にして現在のゾロよりも格上の力を持ってそうですね。

そしてこの技を披露したときの姿勢が、ゾロの「鬼斬り」とそっくりなんです!

もしくはドレスローザでのピーカ戦でやって見せた「一大三千・大千世界」のほうが似ているのかもしれません。

やはりゾロの剣の流派は元々、光月おでんと同じワノ国が発祥である可能性がありますね。

つまりゾロが通っていた道場の師匠であるコウシロウは、ワノ国から伝えられた剣術を教えているのかもしれません。

 

スポンサーリンク

ゾロの故郷であるシモツキ村はワノ国の子孫が作った村!?

 

ワノ国編に突入してから、ゾロがワノ国の侍の子孫なのではという噂が流れていますね。

過去にワノ国の船がイーストブルーに到達した事実は判明してますが、ゾロの故郷であるシモツキ村だったかは判明してません。

 

 

ただゾロがワノ国の侍とは、全く無関係ということはないでしょう。

 

>>ワノ国編で裏切り者や内通者はいるのか?カン十郎やしのぶが疑われている?

 

勇気が出る「スナ〜ッチ」というまじない

934話にて、剣の修行をしてたモモの助が「スナ〜ッチ!!」という掛け声でワニザメを叩いたシーンがあります。

モモの助は「ゾロ十郎が教えてくれた!勇気が出ぬ時、心を震い立たせてくれるまじない」だと語っているのです。

 

 

お菊曰く「九里の方言にもその様な掛け声があり、モモの助様が使うにはふさわしい意味ではない」と、「スナッチ」という言葉を使うことを禁じていましたね。

九里といえば、光月おでんが治める前は荒れており、罪人や浪人たちが徒党を組んで毎日血が流れる凶悪な土地だったと言われています。

おそらく「スナッチ」はその当時に使われていた言葉なのでしょう。

 

なぜゾロがそんな言葉を知っていたのでしょうか?

ゾロが「スナッチ」と言っているところは見たことないし、なぜ九里の方言を知っているのか疑問です。

お菊は偶然かもしれないと言ってましたが、とても偶然とは思えません。

ゾロはワノ国と深い関わりがあるのでしょう。

 

>>イゾウとお菊(菊之丞)がワノ国出身の兄弟!白ひげ16番隊隊長の女形

 

シモツキ村の建物がワノ国に似ている

シモツキ村の建物は和風で、屋根は瓦の屋根で設計されています。

ワノ国の建物もシモツキ村と同じ瓦の屋根で設計されており、建物の感じもどこか似ていますね。

 

 

麦わらの一味のルフィやナミ、ウソップもイーストブルーが故郷ですが、建物は和風の作りではありませんでした。

この事実から、ゾロの故郷であるシモツキ村はワノ国から移住した住民によって作られた可能性が高いでしょう。

 

スポンサーリンク

ゾロはワノ国で生まれた可能性がある?

ここまでワノ国とゾロとの共通点について予想してきました。

おそらくゾロやシモツキ村の出身者はワノ国の子孫である可能性があります。

しかし疑問なのはワノ国は鎖国国家であり、相当な理由がない限り、住民が他の地域へ移住することはできないはず。

それとシモツキ村に登場している人物はほとんどがゾロと同じ子どもであり、大人はコウシロウくらいしか登場していないのです。

 

九里の子ども達をイーストブルーへ逃した?

約20年前、カイドウと将軍オロチに敗れてしまった光月家。

光月家の関係者はほとんど殺されてしまい、光月家の部下だった者は極貧生活で奴隷として生き延びるという状況になってました。

もしかしたら九里の子ども達に剣術を教えていた先生がコウシロウであり、子ども達の命を守るために光月家の船で安全な場所に逃したのではないでしょうか?

 

 

そして船には当時1歳だったクイナやゾロも乗っていたと考えられます。

以上のことからゾロはワノ国の生まれで、九里の人間だった可能性が高いです。

もしかしたらワノ国の有名な侍の子孫なのかもしれません。

だとすればゾロの異常な強さや常識はずれの生命力にも納得ですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

ゾロと光月おでんの剣術の考案と、ワノ国との関わりについて紹介してきました。

光月おでんの二刀流は凄かったですが、確かにゾロの流派と似ていますよね。

ゾロが九里の方言をなぜ知っていたのか気になるところです。

これからゾロの過去も明かされてくるのでしょう。

今後の展開が楽しみで仕方ありませんね!

 

>>光月おでんとゲッコーモリアの関係は?月光であれば光月家の影武者か

>>光月おでんは白ひげ海賊団の2番隊隊長だった?エースの前任者の可能性

>>光月おでんの正体がヤバイ!光月スキヤキの息子は白ひげやロジャーにも愛された男

>>光月おでんの家臣まとめ一覧!赤鞘九人男の強さや裏切り者はいるのか?

>>ワンピース黒炭オロチ強さや悪魔の実の能力は?カイドウの手下だから弱くない?

 

タイトルとURLをコピーしました