漫画村から学ぶ著作権問題とは?著作権侵害事件でどれだけの賠償が?

漫画村から学ぶ著作権問題とは?著作権侵害事件でどれだけの賠償が? 漫画村
スポンサーリンク

無料で漫画が読み放題で、かなりの数の人が利用していた、違法アップロードサイトの代表格だった『漫画村』。

出版社や漫画家さんから訴えられたり、結果的には運営者である『星野路美』の逮捕により、サイトは閉鎖されました。

今回はそんな漫画村の何が問題だったのかや、著作権についてお話ししていきたいと思います!

 

漫画村ではなく合法的に漫画を無料で読むにはここ>>

ウイルス感染を気にすることなく
安全に漫画をお得に読む>>

↑【無料でお得に】31日間の無料トライアルで楽しむ↑

 

スポンサーリンク

漫画村は何が問題なの?著作権問題?

漫画村は何が問題なの?著作権問題?

漫画家さんなど、作品を作っている方は作品を通じて対価(お金)を得ていますよね。

本来、漫画を作った作者さんが手に入れるべき対価を、全くの無関係の人(違法アップロードサイト運営者等)が、かすめ取るなど決して許される行動ではないのは明らかです。

『読者さんが本来が買う予定だった漫画が違法アップロードを見る事により、買わないようにしている』ために、著作権違反で捜査が行われることになりました。

 

著作権法とは?

著作権法に関して、Wikipediaをみてみましょう。

著作権法は、著作物の創作者である著作者に著作権(著作財産権)や著作者人格権という権利を付与することにより、その利益を保護している。同時に、著作物に密接に関与している実演家、レコード製作者、放送事業者及び有線放送事業者に対して著作隣接権等を付与し、これらの者の利益も保護している。同法に定められる内容は、総則(1条~9条の2)、著作者の権利(10条~78条の2)、出版権(79条~88条)、著作隣接権(89条~104条)、私的録音録画補償金(104条の2~104条の10)、紛争処理(105条~111条)、権利侵害(112条~118条)、罰則(119条~124条)に分類される。
引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%97%E4%BD%9C%E6%A8%A9%E6%B3%95

 

スポンサーリンク

漫画村で話題になった著作権問題って何が問題?

漫画村で話題になった著作権問題って何が問題?

誰でも漫画が無料で読めるので、本来購入して読まれるはずだった漫画が、買われないようにしてしまっている状態はとても問題ですよね

本来売れるべき漫画の売り上げが、違法アップロードサイトを閲覧する読者がいるために、売れずに下がってしまったお金が、出版社や作者のお金にも繋がっていきます。

売れないのに描く人がいますか?最終的には、こうした違法アップロードサイトのせいで、日本の漫画という文化が失われていくきっかけにもなりえてしまいます。

 

YouTubeやこんな場合でも著作権的にはアウト!?な事案

YouTubeなどでマンガのタイトルなどを検索してみると、漫画の最新巻のあらすじを紹介するような動画がチラホラ見つかります。

それらの動画は、漫画などの画像を使用せずに『セリフだけ』で動画を制作しているものがあるのです。

そんな『セリフだけで、漫画の最新話のあらすじ』を紹介している動画などは、著作権を侵害することになるのでしょうか?

結論として、著作権侵害にあたると判断されてもやむを得ないでしょう。

著作権法2条1項1号の定義によると、著作物を以下のように定義しています。

『著作物、思想、又は感情を、創作的に表現したものであって・文芸・学術・美術・音楽の範囲に属するものをいう』

漫画とは、絵と話の組み合わせ『美術+言語の著作物』ということになりますよね?

なので作品が絵と文字の組み合わせが漫画であっても『思想又は感情が創作的に表現された』セリフなどは『言語の著作物』として保護されているのです。

なので、まるっと画像(漫画)などを載せていないから著作権を侵害していないとは一概には言えないのです。

 

なので、いくら無料で読めるといっても『漫画村』のような違法アップロードサイトを始めとしたサイトや、YouTubeなどで最新話がわかるといった動画でも、見ないようにしましょう。

せっかく大好きな漫画を見るのなら、作者さんへの感謝の意も込めて、ちゃんと漫画を買って応援しましょう!

 

スポンサーリンク

漫画村で被害が出た損害賠償額ってどれぐらいになりそう?

漫画村で被害が出た損害賠償額ってどれぐらいになりそう?

ではもしも著作権を侵害してしまった場合の賠償金などはどうなっているのでしょうか?

さっそく見ていきましょう!

著作権の賠償額一例『ヨミウリ・オンライン事件』から見る損害賠償例

実際の裁判例でご紹介しますと『ヨミウリ・オンライン事件』では、読売新聞社が、WEBサイトの著作権が侵害された(自社が運営していた)として、他社に対して『6825万円』の損害賠償をしました。

ですが、裁判所が認めた賠償額は『23万7741円』でした。

見ていただいたとおり、訴えた側の請求額と、裁判所が認める金額には、大きな差が出てしまうケースもあるようです。

なので著作権を侵害した場合自分に落ち度があったとしても、相手からの損害賠償請求額をうのみにするのではなく、交渉により変わったりするので、交渉や話し合う事が非常に重要なようです。

 

スポンサーリンク

漫画村の著作権などの問題〜まとめ〜

漫画村の著作権などの問題〜まとめ〜

今回は

  • 漫画村の何が問題だったのか
  • 著作権とは何か?
  • 損害賠償額

などについてお話しさせていただきました。

違法アップロードサイトなどが、漫画を無料で配信してしまうと、出版社を始め漫画家さんなど死活問題です。

日本の漫画という文化が失われていく可能性もあります。

大好きな漫画を見るのなら、作者さんへの感謝や応援も込めて、漫画は買いましょうね!

>>漫画村の代わりのサイトはある?

>>漫画村に関する情報まとめ

>>鬼滅の刃を漫画全巻無料で読めるのは違法サイトだけ?

>>漫画Rawとは?

アニメはU-NEXTで登録から31日間無料で見放題!

U-NEXTでは現在、見切れないほどのアニメが全て見放題です!*

U-NEXTは数ある動画配信サービスの中で、アニメの見放題作品数No.1

無料期間である31日間で解約すれば一切料金はかかりません^^

無料トライアルはいつ終わるかわかりませんので、今のうちに無料で楽しんでしまいましょう!

しかも登録時に付与される600ポイントを使えば漫画も1冊無料で読める!

今すぐアニメ+漫画1冊をお得に無料で楽しみましょう^^

漫画村
ひろてる.info
タイトルとURLをコピーしました