ワンピースのマゼランのその後は?雨のシリュウによって死亡した噂も

マゼラン
スポンサーリンク

ワンピースに登場する”マゼラン”について覚えているでしょうか?

海底監獄インペルダウンで登場するキャラクターですね!

今回はワンピースに登場するマゼランの強さや能力、またインペルダウンでルフィとの戦いの末、その後どうなったのか、再登場の可能性について考察していきます。

スポンサーリンク

ワンピース:マゼランとは?

ワンピースに登場するマゼランとは海底監獄にあるインペルダウンで署長を務めている人物です。

マゼランは「ドクドクの実」を食べている全身ドク人間の、超人系(パラミシア)の悪魔の実の能力者。

マゼランが出す毒に触れると全身が毒に侵され、瀕死状態になるほど・・!

好物は毒のスープ、フグの刺身(毒抜きなし)で、自分自身が毒なので直接摂取しても命に別状はない体質のようです。

しかし完全には消化できないようなので下痢を起こしては、何時間にも渡ってトイレにこもるのが日課なのだとか。

ちなみに毒を使いすぎても下痢になってしまうようです。

インペルダウンでの仕事ぶりは、真面目な性格で、職務に対しても勤勉、時には冷静に指示を出し、署長としての手腕を見せる場面もあるため優秀です。

そして普段はとても毒舌で、部下に対しても毒を吐きまくっていますが、ツボが浅くて笑っている場面もあるので信頼はしているのでしょう。

上司と部下の会話が平和でいい関係ですよね。

マゼランがワンピースに登場する経緯

黒ひげに敗れ、インペルダウンに収監されているエースを助けるためにルフィがインペルダウンに潜入し、Mr.2ことボン・クレーや同じく収監されていたクロコダイルなどの囚人たちと一緒に対戦することになります。

しかし戦いの中でルフィもマゼランの毒攻撃を受けて瀕死状態になりました。

イワンコフのホルモンを注入されながら毒と戦い、なんとか死の淵から這い上がってきたルフィ。

その後のルフィは、毒に対する抗体もできたのか、多少の毒であれば全く問題ない体質になりました。

 

スポンサーリンク

マゼランはその後どうなった?

気になるのが、インペルダウン後のマゼランはどうなったのか、ということ。

話は少し先に進みますが、マリンフォードでの頂上戦争が終結して間もない時、センゴクが「マゼランは無事なのか?」と発言しています。

そのため直接描写はありませんでしたが、マゼランは何らかの原因によって瀕死状態に陥っている可能性があったと考えられますね。

インペルダウンに襲撃しに来た黒ひげ海賊団のしわざ?

はたまた看守長「雨のシリュウ」の裏切りか?

原因は書かれてませんが、おそらく上記の理由のいずれかだと考察します。

マゼランは副署長に降格した?

イワンコフの力を借りて、奇跡的に復活したルフィ。

Mr.2ことボン・クレーが自分の能力「マネマネの実」でマゼランになり、ルフィ達の脱獄を助け、インペルダウンからの逃亡に成功します。

ルフィを取り逃しただけでなく、インペルダウンに収監されていたクロコダイル、ジンベエ、Mr.1(ミスターワン)やバギー、Mr.3(ミスタースリー)など大物囚人も脱獄しました。

そのうえインペルダウンは脱獄囚の暴動で被害が大きく、マゼランは責任を取るため署長から副署長に降格しました。

そして新しく署長になったのは、マゼランの部下で副署長だったハンニャバル。

いつも怠けていましたが署長になりたいという想いは叶ったようです。

 

スポンサーリンク

マゼランの再登場はある?

インペルダウンは、世界政府直属の機関であるため世界に危機が及ぶ事件が起きれば再登場する可能性も考えられます。

また真面目な性格のマゼランなので、大事件が起きた責任を今でも悔いているのではないでしょうか。

そのため脱獄囚たちを再度捕まえるため、また看守長でありながら黒ひげと手を組んだシリュウを討伐するため登場する可能性もあると見ています。

ルフィの友達、ボン・クレーがマゼランにやられたので再戦もありそう・・!

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、署長として職務を全うし、部下からの信頼も厚い”マゼラン”についてご紹介しました。

ルフィを一度は死に追いやった強敵!

再戦するときには毒耐性ができたルフィが圧倒するげ展開になることも期待したい!

再登場が楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました