ワンピース

シャンクスが五老星に伝えた「ある海賊」とは?顔の傷が見えない意味とは?

海賊王ゴール・D・ロジャーの船に乗り、世界3大勢力の一つ「四皇」として新世界に君臨している赤髪のシャンクス。

ルフィにとっては命の恩人でもあり、トレードマークとなる麦わら帽子を託した人物です。

ご存知の通り実力は本物で、世界一の剣豪であるジュラキュール・ミホークと互角に戦ったり、頂上戦争で大将・赤犬の攻撃を刀一本で止めるなど、その強さは屈指のもの。

>>ワンピース:鷹の目のミホークの強さは?

しかし、正体はあまり明かされておらず、謎に包まれています。

そして、第907話で衝撃的なシーンがありました。

マリージョア「権力の間」に赤髪のシャンクスが現れ、五老星と会話をしているというシーンです。

このシーンは一体何を意味しているのでしょうか?

そこで本記事では、シャンクスと五老星の関係性と、シャンクスが言った「ある海賊」について深く掘り下げていきたいと思います。

ぜひチェックしてみてください。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シャンクスはなぜ五老星の前に現れた?政府のスパイ?

ワンピースファンの間では、あるシーンがとても話題になっていますね!

それは、第907話で四皇・シャンクスが世界政府最高権力である五老星と話し合っている衝撃的なシーンです。

 

なぜ、海賊であるシャンクスがマリージョアへ出向き、五老星の部屋に現れたのでしょう?

 

シャンクスは海賊であり、政府のスパイだった?

シャンクスは海賊たちの中でも四皇という王座に君臨している海賊王に最も近い存在です。

そして、麦わらの一味の最大の敵であり、世界一の権力を持つ五老星。

シャンクスはワンピースの中でもかなり重要なキャラクターですが、このシーンを見てシャンクスは政府のスパイだと疑うファンが多いです。

 

「立場上君は政治に関わるべきではないぞ」

この言葉は、海賊という立場だから、政治に関わるべきではないという意味だと思います。

しかし違った角度で解釈すると、「君は本来は政治に関わるべき人物だが、今は海賊だから政治に関わるべきではない」と言っているようにも聞こえます

シャンクスは初期から登場しているにも関わらず、謎の多い人物でしたが、もともとは政府側の人間だったのでしょうか?

 

海賊王ロジャーの船に乗ったのも政府の命令?

あの五老星が「君だから時間を取った」と言わせるくらいですから、明らかにシャンクスと五老星は昔から繋がりがあり、普通の関係性でないことが分かります。

政府のスパイだとしたら、CP9のように子どもの頃から政府に育てられた人間なのかもしれません。

だとすれば、海賊王ロジャーの船に乗っていたのも、すべてが政府から命令された任務だった可能性があります

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シャンクスが五老星に言った「ある海賊」とは?

シャンクスが政府側の人間だったとしても、わざわざマリージョアまで来るくらいですから、かなり緊急を要することなのが分かります。

四皇が忠告するくらいの人物ということは、相当な実力者で危険な海賊ということです。

ルフィや黒ひげなのではないかと議論されてますが、元から危険視されており、誰でも予想できるのでストーリー的には面白くありません。

おそらく視聴者が予想もつかないような人物でしょう。

果たして、シャンクスが五老星に話した「ある海賊」とは誰のことなのでしょうか?

 

白ひげの実の息子であるエドワード・ウィーブル

まず一人目は、まだ謎が多い七武海のエドワード・ウィーブル。

情報はまだ少ないですが、四皇・白ひげの実の息子と言われています。

現在は白ひげ傘下の海賊団船長を16人も討ち取っており、あの海軍大将・黄猿が「奴は海賊として圧倒的に強い」というくらいの実力。

しかも悪魔の実の能力者です。

海賊としては、四皇も含めていうことでしょう。

 

初登場の印象としては、白ひげとは似ても似つかないですが、白ひげの若い頃のようだというくらいですから、強さだけは本物ですね!

白ひげといえば、年老いて病弱だったにも関わらず、頂上戦争で海軍本部を崩壊させ、のちに元帥となる赤犬に圧勝するほどの実力を見せました。

 

さらに、映画「フィルム Z」に登場した元海軍大将・ゼファーの腕を切り落とし、生徒たちを皆殺しにした海賊もエドワード・ウィーブルです。

これほどの男がなぜ大人しくしていたのか疑問ですが、おそらく2年前に黒ひげが逃したレベル6の脱獄囚の一人の可能性もあります。

同じ四皇だった白ひげの実力をよく知っているシャンクスだからこそ、いずれ政府の脅威になると思い、五老星に忠告したのかもしれません。

 

そんなウィーブルも、王下七武海の撤廃により海軍に追われる立場になりました。

>>ワンピース956話:王下七武海の撤廃!

 

未登場の伝説の海賊

第594話で、2年前の元帥センゴクと世界政府全軍総帥のコングが会話しているシーン。

そこで、インペルダインのレベル6からの脱獄囚も含めて、伝説と呼ばれている海賊たちはまだいると話しています。

この会話から分かることは、レベル6の脱獄囚、そしてレベル6以外の「伝説の海賊」という危険視すべき実力者は大勢いるということ。

ただし、その頂点がエドワード・ニューゲートらしいので、白ひげより実力は下のようです。

 

第529話、レベル6でのクロコダイルの会話のシーンでは、

「白ひげやロジャーに勝てなかっただけで涙をのんだ銀メダリストたちは、この海にはごまんといる」と語っています。

まだまだ正体を明かしていないような海賊はいるということでしょう。

 

四皇・赤髪のシャンクス

あり得ない仮説ですが、ある海賊とは四皇・シャンクスのことなのではと思っています。

実はネット上では、シャンクスが二人いるのではないかという説があります

 

その根拠は、頂上戦争での出来事。

戦争の前日まで、四皇・カイドウと小競り合いを起こしていたはずなのに、その翌日にはマリンフォードに現れて戦争を終わらせました

これには海軍の全員が驚いています。

新世界からたった1日で移動できる距離ではないですし、皆さんもご存知の通り、あの怪物・カイドウと小競り合いを起こしたなら、簡単に止められるわけがありません。

 

そして、五老星の前に現れたシャンクスは、傷がある反対側の顔を描かれており、これもどこか不可解です。

同じ四皇である黒ひげも複数の人格を持っているのではと噂されており、この二人はどこか似ている気もします。

ルフィが黒ひげと初めて会った時も、シャンクスと黒ひげを照らし合わせるシーンが描かれています。

ですが、シャンクスの場合は多重人格ではなく、双子なのかもしれません。

もしこれが事実だとすれば、シャンクスと同じ顔をした人物がマリージョアへ出向き、シャンクスの話をしているということです。

>>シャンクスの懸賞金が高額な理由考察!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ

四皇のシャンクスが五老星と会話をしているシーンは衝撃的でした。

世界政府のスパイなのか、二人いるのか、色々な説がありますが、考えれば考えるほど謎が深まるばかりです。

ルフィが憧れている偉大な海賊・シャンクスが政府のスパイだったとなれば、相当ショックです。

シャンクスに帽子を返しに行って、ハッピーエンドという展開は期待出来なさそうな気がしますよね。

いずれはシャンクスの正体も語られると思いますが、この先どんな展開になっていくのか楽しみで仕方ありません!

今すぐお得にアニメや漫画を楽しみたいならU-NEXTがオススメ!

 

  • お得にアニメや漫画を楽しめないかな・・・
  • 過去のアニメをお得に一気に見たい・・・
  • テレビの放送時間ではタイムリーにみることができないので、時間を気にせず見たい・・・

 

これは、かつて私が持っていた悩みでした。

しかし「U-NEXT」との出会いにより、この悩みは全て解消しました!

U-NEXTはいつ解約してもOKで、31日間の間に解約すれば、一切の料金はかかりません!

今すぐ無料でアニメや漫画を楽しみたい方は↓からどうぞ^^

 

【無料】今すぐお得にアニメや漫画を楽しむ

見逃し配信バナー↑今すぐお得にアニメや漫画を楽しむ