二千年前の君からの意味!進撃の巨人122話ネタバレで始祖ユミルの過去

進撃の巨人
スポンサーリンク

2019年10月9日発売の、別冊少年マガジン11月号最新話!

今回の記事は、進撃の巨人第122話のネタバレ記事です。

 

進撃の巨人第122話のタイトルがなんと「二千年前の君から」。

進撃の巨人第1話のタイトルが「二千年後の君へ」ですから、第1話に対する返事の回、と言ってもいいでしょう。

いったい「二千年前の君から」とは、誰から誰へのメッセージなのでしょうか。

 

スポンサーリンク

進撃の巨人ネタバレ最新話122話:二千年前の君から

それでは早速、進撃の巨人122話を見てみましょう!

ジークがユミルに対して「エルディア人の生殖能力をなくせ!」と指示し、エルディア人安楽死計画を実行。

これに驚いたエレンは、自分の手をちぎってまで鎖を外しユミルを追いかけますが…

122話では、どうなったのでしょうか?

>>進撃の巨人121話の復習はこちら!

 

進撃の巨人122話のタイトルは「二千年前の君から」。

これは、進撃の巨人第一話の「二千年後の君へ」への答えとなる話なのでしょうか。

>>2000年後の君への意味とは?

>>進撃の巨人第1話はどんな内容だった?

 

進撃の巨人ネタバレ122話:始祖ユミルの過去

場面は、始祖ユミルがまだ人間だった頃。

時は遡って2,000年前。

争いの絶えない時代。

その時代に、ユミルは普通の人間として生活していた。

争いが絶えない世界であっても、ユミルは他の人に対する優しさを絶やさない少女だった

 

しかしある日、王(恐らくフリッツ家の王)が人々を一箇所に集めた。

どうやら家畜となる豚が逃げたらしい。

王は豚を逃した犯人を探している。

そして人々は一斉に、犯人がユミルであると指差した。

戸惑うユミル。

恐らくユミルは犯人ではないのだろうが、優しいユミルの性格を逆手にとり、人々はユミルを犯人に仕立て上げている様子。

ユミルは反論しても無駄だと思ったのか、その場でうなだれる。

 

犯人に仕立て上げられたユミルは森の中に解き放たれ、犬や人々から終われ、矢を放たれている。

命からがら逃げていたユミルは、大きな木にある洞窟のような穴を見つける。

フラフラとその洞窟の中に入るユミル。

すると、その洞窟中は大きな落とし穴のような地下水への入口があった。

誤ってその地下水に落ちてしまうユミル。

もう水から上がる体力も残っておらず、死は目前かと思われた。

 

しかし、その地下水の中には背骨のようなものがあった。

そしてその背骨が息絶えようとしているユミルにくっ付いた。

>>始祖ユミルとは?

 

 

進撃の巨人ネタバレ122話:巨人化の能力を得て王の奴隷として存在するユミル

その背骨がユミルに触れた瞬間。

ユミルは巨人化した。

そう、背骨のようなものは巨人化のタネのようなものだった。

 

今まで進撃の巨人の物語上は、始祖ユミルが悪魔と契約したということになっています。

この背骨のようなものが巨人化のタネのようなものであったのなら、悪魔と契約したというのは、もしかしたら違うということになりそうですよね。

>>始祖ユミルとは?

 

強力な巨人化の能力を得たユミル。

そのユミルは王に殺されることは免れ、王の奴隷として存在することになった。

王の子孫を残し続ける存在の奴隷として。

 

そして巨人化の力は、フリッツの王家を強大化する。

巨人化の力で、マーレ国の兵士たちをどんどん倒していった。

そうやってマーレ国を攻撃する間にも、ユミルは王の子供を産み続ける。

そしてユミルは、王の子供を3人授かった。

 

 

進撃の巨人ネタバレ122話:ユミルを食べるマリア、ローゼ、シーナ

そんなある日、王に対して兵士の1人が反乱を起こす。

王に向かって槍を投げる兵士。

しかし間一髪、ユミルが盾となりその槍を受けたのだった。

 

ユミルに助けられたはずの王。

しかし王は、ユミルに対して冷酷な言葉を投げかける。

 

何をしている、立て。お前は槍では死なないだろう。立って働け。それがお前がこの世界に生まれた意味だ。我らの奴隷、ユミル。

 

なんという残酷な王なのでしょう。

命を賭して自ら槍に立ち向かったユミルに対して、この仕打ち。。

悲しい時代です。。

 

そしてユミルは立ち上がれなかったのか、王はユミルの体をズタズタに切り刻んだ。

そしてそのユミルの体を、3人の子供達に食べさせた。

ユミルの体を食べれば、ユミルの力がこの子供達に継承されると信じて。

 

この3人の子供の名前はなんと「マリア」「ローゼ」「シーナ」でした。

そう、パラディ島にある壁の名前と一致しますね!

なんと、ウォール・マリア、ウォール・ローゼ、ウォール・シーナという壁の名前は、ユミルの子供の名前から名付けられたものだったのです

>>進撃の巨人:3つの壁とは?

 

そして、この巨人化能力を持つ脊髄液を口にし、巨人化能力を得るというのは、ここから始まったのでした。

そして巨人化の能力は、未来永劫残すことができる、と。

>>始祖ユミルを食らうシーンはアニメ2期のエンディングの伏線回収!

 

そしてユミルは、現実世界から死んだ。

するといつの間にか、ユミルは座標に来ていた。

そしてフリッツ王家の奴隷として、座標で2000年もの間働き続けていたのだった。

 

 

進撃の巨人ネタバレ122話:奴隷から解放されるユミル

エレンが「未来永劫、巨人化能力を残す」という言葉に反応し、叫んだ。

俺はこの世界を終わらせる!そのために力を貸してくれ、ユミル!

そして、「君は奴隷じゃない、ただの人間なんだよ」と。

 

それを聞いたジークが焦りながら駆けつける。

ジークは自分が王の末裔であることを主張し、エルディア人の生殖能力を奪うように懇願する。

しかしそんなジークの言葉をよそに、エレンは続ける。

 

何をするか自分で選ぶんだ、ユミル!

永遠にここにいるのか、それとも終わらせるのか。

自分で選んでいいんだ、と。

 

そしてエレンは優しい表情で言った。

君は2000年前から、ずっと誰かを待ち続けていたんだね

その言葉に涙するユミル。

 

ユミルは、ずっと奴隷であるしかないと諦めていたのかもしれない。

しかし、初めてユミルの気持ちをわかってくれる人に出会えたのだった。

 

 

進撃の巨人ネタバレ122話:ユミルの選択

そして場面は、ガビがエレンの首を撃った場面に。

ジークがエレンの頭をキャッチしている。

 

すると、壁が一斉に壊れ始めた。

そして、壁の中から無数の巨人が現れたのだった。

 

 

ーーー次回、123話に続く

 

スポンサーリンク

進撃の巨人ネタバレ122話:感想

始祖ユミルの過去がわかった回でしたね!

それにしても、第一話の「2000年後の君へ」というのは、始祖ユミルがエレンに言った言葉なのでしょうか。

少し考察する必要がありますね!

>>進撃の巨人第1話はどんな内容だった?

 

そして、始祖ユミルを食らうマリア・ローゼ・シーナの3人。

これはアニメ2期のエンディング映像の伏線回収でした。

>>始祖ユミルを食らうシーンはアニメ2期のエンディングの伏線回収!

アニメ2期って2017年4月から始まっているので、もう2年前にはこのシーンを考えていたということですね。。

すごいな。。

 

そして始祖ユミルは、2000年もの間、ずっとフリッツ王家の奴隷だったのです。

奴隷であることの惨めさをわかってあげることで、ユミルを奴隷から解放したエレン。

エレンの目的は、この世界を終わらせることでした。

衝撃。。

>>エレンの次の継承者はいない?目的は巨人化能力を奪うこと?

 

そしてユミルが選択したのも、この世界の終焉でした。

>>始祖ユミルが動き出す!安楽死計画は実行されるのか?

ユミルの選択によって、壁から無数の巨人が現れましたね。

これからどうなっていくのでしょうか。

>>進撃の巨人がつまらなくなった!?オワコンと呼ばれる4つの理由

 

ちなみに今回も話題だけ触れておきましょう。

リヴァイ兵長が死んだかどうかっていつわかるのでしょうか・・・。

ちゃんと回収しますよね、諫山先生!?

>>リヴァイ兵長は死んだのか!?

>>進撃の巨人のアニメ3期はどこまでだった?

>>進撃の巨人の最終回の最終コマとは?

>>進撃の巨人アニメDVDはレンタルする?

アニメはU-NEXTで登録から31日間無料で見放題!

U-NEXTでは現在、見切れないほどのアニメが全て見放題です!*

U-NEXTは数ある動画配信サービスの中で、アニメの見放題作品数No.1

無料期間である31日間で解約すれば一切料金はかかりません^^

無料トライアルはいつ終わるかわかりませんので、今のうちに無料で楽しんでしまいましょう!

しかも登録時に付与される600ポイントを使えば漫画も1冊無料で読める!

今すぐアニメ+漫画1冊をお得に無料で楽しみましょう^^

進撃の巨人
ひろてる.info
タイトルとURLをコピーしました