キングダム602話ネタバレ確定!李牧が陣形を変えた意味とは

キングダム
スポンサーリンク

キングダム601話では、秦軍と趙軍の各将軍たちの朱海平原15日目朝の様子が描かれていました

主役が全員揃ったところで、いよいよ最終決戦になる朱海平原の戦い。

キングダム602話が確定したので、お伝えします!

 

こちらは【文字だけ】でネタバレのあらすじや感想をお届けしています^^

「漫画を画像付きで読みたい!」と思っているのなら、U-NEXTなら31日間600円分の作品を無料でお得に読む事ができますよ!

31日間での解約もOKで、そうすれば一切の料金はかかりません^^

今すぐU-NEXTに登録し、キングダム最新話を読みましょう!

 

【無料】今すぐキングダム最新話を楽しみたい方はこちら

↑今すぐ無料でお得にキングダム最新話を楽しむ

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ:最新話602話

それでは早速、キングダムの602話を見てみましょう!

602話は、飛信隊のスタートダッシュから始まります。

 

少しでも早く趙軍を抜こうとする飛信隊

舞台は、飛信隊のスタートダッシュから始まる。

亜光が倒れ最激戦の秦軍右翼。

日の出とともにフルスロットルの飛信隊。

信がまさに矢の如く先頭を駆け抜ける。

次々に飛ぶ、趙軍の首。

 

全てだっ

全てを出しつくせぇっ

 

まさに死闘を尽くす、という言葉がそっくりそのまま当てはまるほどの、鬼気迫る飛信隊。

各隊長たちが、それぞれの持ち場で全力だ。

信も、昨日の激闘の疲れが全く残っていないかのように、かなり絶好調の様子。

 

 

河了貂が望んでいるもの

飛信隊の攻撃を見守る河了貂。

河了貂が飛信隊に望んでいるものは、”早さ”だった。

なぜなら、王翦から昨日の夜に届いた作戦。

それは、秦軍右翼が趙軍を抜いてから、王翦中央軍と李牧を挟撃するからだった。

 

今日でもう戦えなくなってもいい。

それぐらいの気持ちで戦わなければ、この作戦が功を奏すことがない。

そして、問題は趙軍左翼の力がどこまで残っているか。

趙軍の余力によって、秦軍がどこまで早く抜けるかが変わってしまうからだ。

 

 

 

進軍する王翦中央軍

しかしここで、河了貂も予想していなかった出来事が起こる。

それは、飛信隊の突破を待たずに王翦中央軍が進軍を開始したからだ。

 

先鋒は、王翦軍第三将、田里弥の1万

田里弥は、熱い気持ちを持った目をしている。

 

この作戦変更に関して、王翦は何がきっかけでそう判断したのか

龐煖(ほうけん)の出現?

それとも鄴で兵糧を焼き尽くしたことを把握した時から?

李牧軍と向かい合って何かを感じた?

 

これは、李牧にとっても予想外の様子。

 

 

 

王翦からのメッセージ

この自体に、河了貂は2つの戦い方があったことに気づく。

 

  1. 秦軍右翼が抜けてから李牧軍の側面にぶつかり、注意を横にそらして王翦中央軍が李牧を討つやり方
  2. もう一つは、先に中央軍がぶつかって李牧軍の気が正面に集中した時に秦軍右翼が抜けて、右翼が李牧を討つやり方

 

王翦は直前になって、後者の戦い方を選んだ。

つまり、この作戦変更は、重大なメッセージを送っている。

 

飛信隊が李牧の首を取れ

 

ということだ。

 

しかし、急な作戦変更に、河了貂は納得がいっていない表情にも見える。

2通りあるのであれば、それを前もって右翼に伝えていてもいい、という思いからだろうか。

 

 

ぶつかる中央軍

ついに開戦した、王翦中央軍と李牧中央軍。

攻め入った王翦中央軍に対して、趙軍は徹底して守りの体制に入る。

 

田里弥がいくら押そうとしても、全く進まない。

この状況を見た田里弥は、早速、陣を変える。

 

”蛇陣”で”波壊”しろ

 

これを見た趙軍の部隊長は、波形での攻撃だと見破る。

そして、守りを固める場所を指示。

見事に”蛇陣”を打ち返した。

 

 

田里弥の次なる作戦

これを見て、田里弥は一瞬驚きの表情をする。

”蛇陣”のカラクリを、李牧ではなく現場の部隊長クラスが一瞬で見破ったからだ。

軍としての知略が深い李牧軍。

 

この状況を見た田里弥は次の作戦に出る。

弓隊を前に出した。

 

 

李牧の作戦

李牧はこの日、徹底的に守るつもりだ。

もう秦軍に兵糧がないことはわかっている。

そして、秦軍の右翼が横から突破しようとしている作戦もわかっている。

これらを全部踏まえて、李牧は徹底的に守ろうとしている

 

おそらく、あと何日かかろうとも、という作戦だろう。

この時点で、兵糧の有利があることで、李牧に余裕を生ませている。

 

 

李牧の過ち

しかしここで、李牧の元に急報が。

鄴から火が出ている、という知らせだった。

これにより、鄴の兵糧の限界が大幅に縮まった事を一瞬で察したのだろう。

 

兵糧の残りの明確な量を図るように城主は指示していたが、すでに鄴では兵糧が切れている状況かもしれない

なんといっても、周辺の城の住民が一斉に鄴に集まっているのだから。

そんな中で桓騎軍に包囲された鄴。

鄴はいつ落とされてしまってもおかしくない状況と言える。

 

この知らせを受けて、徹底的に守ろうとした李牧は、攻撃の陣に変えた

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ:最新話602話感想

ついに開戦した朱海平原15日目!

信をはじめとする飛信隊がフルスロットルでしたね。

しかし、王翦から聞いていた作戦とは違い、中央軍も右翼の突破を待たずに開戦しました。

河了貂は一瞬で王翦の作戦を読みますが、「そんな可能性もあるなら言っておいてくれよ!」という感じでしたね。

私も、命のやり取りが必要な現場にいたら、そんな感情が生まれると思います。。

そして、李牧に”鄴”の知らせが。

これにより、徹底的に守ろうとしていた李牧は、攻撃の陣に変えました。

もう、一刻の猶予もないぐらいだったのでしょう。

鄴にいる人の人数は、かなり多いですから。

兵糧がなくなるということは、私たちが想像している以上に趙軍の生命線だったのかもしれません。

602話予想で、「兵糧の伏線はどうやって使うのか!?」と疑問に思っていましたが、ここで兵糧の問題が出てきましたね!

李牧が攻撃の陣に変えた時の、王翦の「してやったり」という顔。

敵にいたら、とことん嫌なやつですね、王翦は。

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ次回予想

602話までの話を元に、603話を予想します!

詳しくはまた別記事にしますが、簡潔に!

 

(2019年6月6日追記!)

キングダム603話の詳しい予想について、こちらの記事にしました!

鄴では何が起こっているのか・・・。

 

攻撃に転じた李牧

鄴の兵糧が焼かれた知らせを受けた李牧は、一瞬で攻撃に転じました。

当たり前ですが、「趙軍は攻撃しなければ勝てない状況になった」ということです。

これは”一刻の猶予も許されない”という表れでしょう。

もしそうであれば、多少の犠牲を厭わずに戦ってくるものと思います。

なぜなら、攻撃しなければ秦軍の右翼が抜いてくる可能性がある。

そうなると、王翦を討つことが、ますます難しくなります。

趙軍にとって勝利とは、王翦を討つこと。

そうであれば、中央軍同士だけで戦える状況の中で死力を尽くすしかない、という判断をしたのではないでしょうか。

 

王翦の判断

鄴での知らせがあったことにより、今度は王翦に余裕が出てきました。

王翦は、守りに入ってもいいのです。

しかし、朝一番に王翦も中央軍の攻撃を早めました。

これは、鄴の兵糧に関する知らせが実は王翦にもまだ届いていなかったのか?

そう考えると、李牧が陣を変えたことで、王翦もまた守りの陣に入る可能性があります。

 

ということで、最終局面を左右する603話の展開を楽しみにしたいですね!

アニメはU-NEXTで登録から31日間無料で見放題!

U-NEXTでは現在、見切れないほどのアニメが全て見放題です!*

U-NEXTは数ある動画配信サービスの中で、アニメの見放題作品数No.1

無料期間である31日間で解約すれば一切料金はかかりません^^

無料トライアルはいつ終わるかわかりませんので、今のうちに無料で楽しんでしまいましょう!

しかも登録時に付与される600ポイントを使えば漫画も1冊無料で読める!

今すぐアニメ+漫画1冊をお得に無料で楽しみましょう^^

キングダム
ひろてる.info
タイトルとURLをコピーしました