キングダムネタバレ601最新話「決着の日」確定!602話の予想も。朱海平原15日目開幕!

キングダム
スポンサーリンク

キングダム600話では、突如秦軍の左翼に現れてひと暴れした龐煖

これにより蒙恬じぃが討たれてしまいました。

一方の飛信隊は、兵糧攻めされているはずが、死んだ馬の肉を食うという河了貂(かりょうてん)の策で豪勢な食事を和気あいあいと楽しんでいました。

そして、復活した王賁。

 

主役が全員揃ったところで、いよいよ最終決戦になる朱海平原の戦い。

601話が確定したので、お伝えします!

こちらは【文字だけ】でのネタバレ記事ですので、絵と共に読みたい方は、ぜひ週刊少年ジャンプを購入してくださいね!

 

(2019年6月6日追記)

キングダム602話が確定しました!

キングダムネタバレ602話をいち早く読みたい方は、こちらをどうぞ

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ:最新話601話

それでは早速、キングダムの601話を見てみましょう!

舞台は一度、咸陽に戻ります。

 

 

橑陽からの知らせ

咸陽に、一頭の馬が到着する。

それは、壁と楊端和の軍が橑陽(りょうよう)で犬戎軍を倒したことを伝える早馬だった。

 

この報告に、昌文君を始め、各文官たちは信じられないといった表情。

情報が途絶え、最悪の場面を想像していた中での、勝利の情報。

 

橑陽から咸陽まで、到着に5日を要した秦軍。

橑陽の勝利は安堵できるものだが、問題は朱海平原の戦い。

橑陽の勝利が届けられた頃は、もう開戦15日目。

一番の問題である、兵糧は尽きたと計算されている。

 

政は、珠海平原で戦っている信のことを想う。

珠海平原の情報は届いていないが、信はきっと生きて戦っており、また王宮で論功行賞を信に渡すことを信じている、と。

 

その政のまっすぐな目は、信が手柄を立てることを何一つ心配していないようにも見える。

 

 

珠海平原への思い

舞台は橑陽へ。

壁が、「嫌な夢で目が覚めてしまった」と言いながら、楊端和とキタリがいる場に合流する。

その嫌な夢とは、

 

珠海平原で破れ、秦軍が全滅する夢

 

だった。

言霊を信じているキタリから凄まれる壁。

しかし、そんな楊端和とキタリも感じていた。

 

15日目、今日が決着の日、だと。

 

そしてそれは、橑陽にいる軍だけでなく、鄴に布陣する桓騎(かんき)も感じていた。

 

 

胡漸(蒙恬じぃ)を想う蒙恬

15日目の夜が開けた、珠海平原の秦軍左翼。

蒙恬(もうてん)は、胡漸(蒙恬じぃ)が討たれたことによって、憔悴しきっているのではないかと、陸仙も気遣おうとしている。

しかし、そんな気遣いをよそに、いつも通り起きている蒙恬。

 

胡漸(蒙恬じぃ)の最期は描かれていませんでしたが、やはり胡漸(蒙恬じぃ)は亡くなっていたのですね。

 

蒙恬は、「今日はいつもより全体を前衛にして、攻めに出る」と言う。

これは胡漸(蒙恬じぃ)の弔いではなく、紀彗軍を足止めするためだ、と。

 

夜明けとともに、秦軍右翼が趙軍左翼を抜きに行く。

抜けて王翦(おうせん)軍が李牧軍を挟撃するときに、紀彗軍が援護に行くと面倒なことになる可能性がある。

 

あくまでも作戦の一環。

私憤に駆られてのことではなさそうだった。

蒙恬はやはり、常に冷静ですね。

蒙恬も、今日の15日目は、大一番だとわかっている。

だからこそ、胡漸(蒙恬じぃ)への涙は戦いに勝ってからだ、と言う。

 

しかしそれでも、陸仙から胡漸(蒙恬じぃ)の優しさを思い出させる一言を聞き、思わず涙する蒙恬。

戦といえど、小さい頃から育ててくれた人が一瞬のうちに亡くなることは、いくら蒙恬でも整理しきれない事態かもしれません。

 

しかし蒙恬は、今はこの戦に勝つことだけを考えている。

 

 

趙軍右翼

一方、蒙恬軍と相対する趙軍右翼の紀彗軍。

紀彗も蒙恬の狙いを十分わかっている。

紀彗も、全力で蒙恬軍を迎え討つ。

 

 

秦軍中央王翦軍

15日目にして、ようやく開戦するのが、中央の王翦軍。

待ちわびた田里弥と倉央がお互いの武運を祈る。

 

軽口を叩く倉央に田里弥は「しくじるなよ」と。

しかし、倉央は返す。

 

しくじり?

そんな言葉知らぬな

無縁すぎて

 

勝てない戦はやらない、と言われている王翦軍。

その群の中で活躍する倉央の「しくじりという言葉は無縁」というのは、ハッタリでもなんでもないものなのだろう。

 

そして遠くを見つめる王翦は、この15日目についてどこまで見通せているのだろうか。

龐煖(ほうけん)出現の情報は、おそらく王翦にも届いている。

龐煖については、どこまで読みきれるのか。

 

 

趙軍中央李牧軍

いよいよ開戦となるのは、趙軍中央にいる李牧も同じ。

李牧も、龐煖がどのような動きをするかに応じて、策を柔軟に変えていくか。

いずれにせよ、龐煖という圧倒的な武力は、両軍にとって無視できないものだろう。

 

 

秦軍右翼飛信隊

飛信隊も、今日が大一番であることを知っている。

昨日まで、本当に文字通り死闘を尽くしてきた飛信隊。

松左さんの言葉「気を抜いた奴から死ぬ」を胸に、一層気を引き締める。

 

昨夜、馬を食べることができた信は、完全回復の様子。

 

そして信たちは王賁が復活したことを聞く。

大一番で王賁の存在は大きいもので、一気に士気が上がる。

 

しかし、羌瘣(きょうかい)だけは浮かない表情だった。

それは、龐煖の存在。

龐煖が秦軍左翼に現れたとき、羌瘣は何かを感じ取っていた。

そして、今も感じている。

 

きっと、龐煖は信を狙ってここにくる、と。

 

お前の危機は私が守る

という羌瘣に対し、

そういうのはやめろ 羌瘣

という信。

 

そう、信だけが生き残っても意味はない。

全員で生きのこって勝つ。

今日は、それだけを考えて戦うしかない。

 

そして珠海平原にいる全員の準備が整った。

 

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ:最新話601話感想

601話は、朱海平原15日目の朝までの様子でしたね。

ようやく壁と楊端和の勝利を聞く政たち。

どれだけその報告を待ちわびていたことでしょう。

信じることしかできないとわかっていても、やはり気が気ではなかったのかな、と思います。

 

そしてやはり亡くなっていた胡漸(蒙恬じぃ)。

蒙恬は冷静さを保てていますが、それでも一番の人を無くした無念はあるはず。

勝って勝利の涙を届けることができるのか。

 

そして、15日目にしてようやく開戦することになる中央軍。

「しくじりという言葉は無縁」という言葉まで発した倉央の動きは、どのようなものなのか。

見ものです。

 

そして、昨日まで死闘を演じていた、秦軍右翼。

15日目も厳しい戦いになります。

しかし、信も羌瘣も王賁も完全復活の予感。

どこまで武功をあげられるのかが、楽しみです。

 

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ:最新話602話予想

これまでの流れから、602話を予想していきます。

管理人の勝手な予想ですので!

 

王翦と李牧がどう動くか

珠海平原は、あくまで王翦と李牧の戦い。

ようやく開戦する15日目の両軍の戦いの行方が、そのまま珠海平原の結果になります。

王翦は右翼を突破させ、李牧軍を挟撃する構え。

しかし、それは李牧もわかっている。

分かっている作戦に対して、やすやすとそれを許す李牧ではありません。

李牧側の作戦だけ、今は分かっていない状態。

もしかしたら、龐煖の動きに応じた柔軟な作戦を持っているのかもしれません。

 

 

龐煖は信に討たれるか

秦軍左翼に突如現れて、そしてすぐに姿を消した龐煖。

龐煖は、きっと信の元に向かったのでしょう。

15日目には、龐煖は信と一騎打ちになる気がします。

 

もしかしたら龐煖は、この15日目の戦いで信に討たれるのではないかと想像します。

王騎の矛を使いこなせるようになった信。

そして、王騎が乗り移ったかのような信。

 

どれを見ても、龐煖を討つのに材料は揃っている予感が。

 

 

タイトルとURLをコピーしました