鬼滅の刃:吾妻善逸の兄弟子とは?因縁の相手になってしまった悲しい過去

鬼滅の刃
スポンサーリンク

我妻善逸といえば、週刊少年ジャンプで連載中の「鬼滅の刃」に登場するキャラクターです。

主人公の炭治郎とは鬼殺隊の同期。

善逸は女の子に騙されて多額の借金を背負わされ、その借金を師匠が肩代わりしてくれた過去があります。

その師匠は育手という鬼殺隊になる人を育てるという役割があり、善逸に修行をつけていました。

そして善逸と同じように修行していた兄弟子が実はいたのです。

しかし、兄弟子は因縁相手として登場します。

なぜ兄が因縁相手となってしまったのか?

まとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

善逸の兄弟子・獪岳(かいがく)とは

善逸の兄弟子の名前は獪岳。

同じ師匠の元、雷の呼吸を学んでいました。

善逸は雷の呼吸・壱ノ型しか使えなかったのに対し、獪岳は壱ノ型だけが使えません。

努力家であった獪岳は、出来の悪い善逸のことが気に食わず、師匠から同じように扱われる事が嫌でした。

そして「先生の時間の無駄」だと言って善逸に諦めさせようとさせます。

とにかく師匠が善逸を可愛がるのが面白くなかった獪岳は善逸のことを邪魔者扱いしていたのでした。

 

師匠自身はそのような贔屓はしておらず、このことは獪岳の思い込みです。

善逸もひたむきに努力している獪岳のことを尊敬していました。

獪岳だけが自分の思い込みにより、どんどん自分を追い込んでしまっていたのかもしれません。

もしこの時、獪岳と善逸と師匠で3人とも腹を割って納得するまで話し合っていたのであれば、もしかしたら結末は違ったものになっていたのかもしれません。

 

スポンサーリンク

善逸と獪岳(かいがく)の再会、そして戦い

そんな2人はまさかの形で再会を果たします。

それは兄弟子である獪岳が鬼になっていたという事実が判明。

それも無惨の配下である十二鬼月の上弦の陸となっていました。

>>十二鬼月とは?

なぜ獪岳は鬼になったのか

そこで気になるのは、なぜ獪岳が鬼になったのかという事。

常に強さを求め続けていた獪岳は、生きていればいつかは勝てるという考えを持っていました。

獪岳はある日、鬼と遭遇して死にそうになった時、命乞いをして自身が鬼になる事で生き続けることを選んだのです。

強さを求めるあまりにしてしまったこの選択。

しかし、鬼にならなければ死んでしまっていたはずの獪岳。

獪岳は鬼殺隊にいたのにもかかわらず、まだ自分がいつ死んでも悔いのない生き方をできていなかったのでしょう。

獪岳が鬼になったことにより、師匠は弟子が鬼殺隊の裏切り者となってしまったために、責任を取る形で切腹するのでした。

善逸と獪岳(かいがく)の戦いの行方

お互いがまだ師匠のもとで修行していた頃から、何かと善逸を妬み、色々と文句などを言っていた獪岳。

戦いではお互い雷の呼吸を使いながら繰り広げられます。

善逸にとっては、師匠を亡くした原因となった相手です。

いくら兄弟子とはいえ、この因縁に決着をつけるには、獪岳を倒すしかありませんでした。

 

獪岳はまだ鬼になってから日が浅く、血鬼術を自分のものにする事ができていません。

そんな獪岳を善逸は自分で編み出した漆(しち)ノ型・火雷神によってを倒します。

この型を見て、師匠が贔屓をして教えたのだと最後まで勘違いをする獪岳。

2人が肩を並べて、師匠の望んでいた通り、一緒に後継者となり戦うことはできなかったのでしょうか…。

違う未来もあったのではないかと考えるととても悲しい出来事です。

この兄弟弟子である2人の戦いは、心、そして技などの強さが勝った、善逸の勝利で幕が閉じるのでした。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

獪岳は鬼として登場する前から回想シーンで出ていたこともあり、いつ登場するのかと期待されていました。

それだけに、まさかこのような形で登場したことに驚いた方も多かったでしょう。

最後まで師匠から善逸と同じように愛情を注いでもらっていたのだと気づく事ができなかった獪岳。

とても悲しい結末ですね…。

タイトルとURLをコピーしました