鬼滅の刃ネタバレ本誌最新話や最新刊など情報まとめ

鬼滅の刃

鬼滅の刃194話ネタバレ予想!禰豆子の鬼気術で炭治郎の刀は最強の赫刀に!

2020年2月17日発売週刊少年ジャンプ12号『鬼滅の刃』194話のネタバレ予想考察です!日の呼吸十二の型をついに円環させた炭治郎。反対に無惨は珠世と胡蝶しのぶが生前仕込んだ薬で、九千年老いていたことが判明。老化により無惨の攻撃力は落ち炭治郎にとっては、無惨を攻め落とす絶好のチャンス。炭治郎はこのまま無惨を追い込むことができるのでしょうか?『鬼滅の刃』194話のネタバレ考察予想です!
鬼滅の刃

鬼滅の刃ネタバレ最新193話確定!珠世としのぶが死しても見せた無惨への攻撃!

2020年2月10日発売の、週刊少年ジャンプ11号最新話レタバレ!『鬼滅の刃』193話が確定しましたのでお届けします!先祖炭吉の意識を通し、縁壱が舞う日の呼吸を幾度も見たことで13個目の型を確信した炭治郎。夜明けまでひたすら日の呼吸の技を使い続けようと考えます。しかし炭治郎の体はボロボロの状態。果たして戦い続けることができるのでしょうか?『鬼滅の刃』193話最新話レタバレ確定の紹介です!
鬼滅の刃

鬼滅の刃あかざ(猗窩座)とは?上弦の参はどのように死亡したのか

鬼滅の刃で大きな敵となっている、十二鬼月。 その中でも、上弦の鬼の6人はとてつもない力を持っています。 そして主人公の炭治郎が初めて上弦の鬼と戦ったのが、上弦の参である猗窩座(あかざ)です。 猗窩座(あかざ)は映画化もされ...
鬼滅の刃

吾妻善逸が捨て子の悲しい過去!寝ている時に覚醒する両親に捨てられた幼少期

吾妻善逸の過去は鬼滅の刃のストーリーの中で、重要な謎になっていますね。 鬼滅の刃のストーリーの中では善逸には名前がなかったこと、捨て子だったこと、慈悟朗さんに拾われたことが描かれていましたが、詳しい過去については明らかになっていません。 そこで今回の記事では、善逸について概要をまとめ、善逸の過去にどんな悲しいことがあったのか読み解いていきます。
鬼滅の刃

鬼滅の刃雷の呼吸一覧!壱ノ型の霹靂一閃しか使えない善逸が漆ノ型の火雷神を生み出す

『鬼滅の刃』では、鬼と戦う際に、「全集中の呼吸」と呼ばれる呼吸法を使用します。 その呼吸法には様々な種類があり、主人公・炭治郎の同期である、我妻善逸は「雷の呼吸」を使用。 まだ全巻は読めていない、という方でも「雷の呼吸」はよく目にしているのではないでしょうか? 善逸はひとつの型しか使えませんが、その型だけでも、見ていてかっこいいですよね。 今回はそんな『鬼滅の刃』でよく登場する「雷の呼吸」についてまとめていきたいと思います。
鬼滅の刃

日の呼吸とヒノカミ神楽の関係は?初代使い手である縁壱から派生した呼吸

『鬼滅の刃』で鬼殺隊士たちが鬼を滅する際に使う「全集中の呼吸」。 この呼吸がないと、鬼を滅することができません。 それゆえに鬼と戦うものたちにとって、この呼吸法を身に付けることが必須です。 その呼吸法には様々な種類があり、それぞれ自分に合った呼吸法を使いこなしています。 そんなたくさん種類がある呼吸法の中でそれらの元となったと言われる呼吸法が「日の呼吸」です。 今回は『鬼滅の刃』という作品の中で最も大切な呼吸法であろう「日の呼吸」についてまとめていきたいと思います。
鬼滅の刃

縁壱の妻うたさんと子供が殺された過去!無惨を宿命の敵と心に決める

縁壱には、最愛の妻である「うた」と子供がいるはずだった。 しかしその妻子は、鬼によって奪われてしまっていたのです。 上弦の壱である黒死牟目線の縁壱と、実際の縁壱の過去があまりにも印象が違いすぎて、ネットでは悲しみの声が続出しています。
鬼滅の刃

珠世の過去と最期は?鬼化して得た血気術としのぶと一緒に無惨への毒を

珠世とは人気漫画『鬼滅の刃』に登場するキャラクターです。 鬼でありながら炭治郎の妹同様、人間の味方をするということもあり、当初から重要キャラクターとして存在感がありました。 また、人気の高いキャラクターでもあり、一度見れば好きになる人も多いのではないかと思います。 そんな『鬼滅の刃』という作品においてなくてはならない存在の珠世。 今回はそんな珠世の過去や最後についてまとめていきたいと思います。
鬼滅の刃

鬼滅の刃の呼吸一覧まとめ!オリジナル技や始まりの日の呼吸などいくつある?

週刊少年ジャンプで大人気連載中の「鬼滅の刃」。 鬼滅の刃において、鬼と戦う時にとても大事なのが「呼吸」。 鬼殺隊のメンバーはそれぞれ何らかの「呼吸」を習得しており、その「呼吸」を使いこなすことで鬼を討伐しています。 今回はそんなこの作品の戦いにとってとても大切な「呼吸」を一覧でまとめてみました。
鬼滅の刃

鬼滅の刃吾妻善逸(ぜんいつ)の兄弟子が鬼になってしまった悲しい過去

我妻善逸(ぜんいつ)といえば、週刊少年ジャンプで連載中の「鬼滅の刃」に登場するキャラクターです。 我妻善逸(ぜんいつ)は、主人公の炭治郎と鬼殺隊の同期。 善逸は女の子に騙されて多額の借金を背負わされ、その借金を師匠が肩代わりしてくれた過去があります。 その師匠は育手という鬼殺隊になる人を育てるという役割があり、善逸に修行をつけていました。 そして善逸と同じように修行していた兄弟子が実はいたのです。 しかし、兄弟子は鬼になり因縁相手として登場します。 なぜ兄弟子が鬼となって因縁相手となってしまったのか?
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました