ワンピース

オロチお庭番衆とは?寝返り福ロクジュはワンピース鬼ヶ島決戦で雷ぞうと対峙?

『ワンピース』ワノ国編に入り、オロチ側のメンバーも続々と登場しています。ワノ国で将軍に仕えている直属の忍者部隊「オロチお庭番衆」いったいどのような存在なのでしょうか?今回はそのオロチお庭番衆を考察していきます。
ワンピース

狂四郎とゾロの強さは互角?実は味方でその正体は赤鞘九人男の傳ジロー?

漫画『ワンピース』ワノ編で登場した居眠り狂四郎。将軍オロチの部下ですが、光月家の味方?と思わせる言動や、その正体は赤鞘九人男の1人「傳ジロー」ではないか?と疑われている謎が多いキャラでもあります。ゾロの攻撃を刀1本で軽く受け止めたほどの強さを秘めている狂四郎。剣さばきに関しては、狂四郎とゾロは何かと比較描写されそうですね。そんな居眠り狂四郎、今回はその強さや正体について考察していきます。
おーばーふろぉ

おーばーふろぉの動画フルはデイリーモーションで無料視聴できる?

この記事では、アニメおーばーふろぉの第1話〜最終話までの動画をフル視聴する方法とデイリーモーション(Dailymotion)、miomio、パンドラでも見れるのか?3つの視聴方法を比較してまとめています。
鬼滅の刃

鬼滅の刃をパンドラで動画フルを無料視聴できる?デイリーモーションは?

この記事では、アニメ鬼滅の刃の第1話〜最終話までの動画をフル視聴する方法とデイリーモーション、miomio、パンドラでも見れるのか?3つの視聴方法を比較してまとめています。
シャンクス

シャンクスとバギーはラフテル上陸した?赤太郎号泣の意味と仲良し義兄弟!

シャンクスとバギーはロジャー海賊団とともにラフテルへ上陸することはありませんでした。なぜ、2人は上陸しなかったのでしょうか?さらにこの時のシャンクスのバギーに対応する姿が義兄弟!と、とても騒がれていました。いったいどのようなことがあったのでしょう?本記事ではシャンクスとバギーがラフテルへは行かなかった理由と、義兄弟とザワつかれた理由について紹介していきます。
鬼滅の刃

鬼滅の刃194話ネタバレ予想!禰豆子の鬼気術で炭治郎の刀は最強の赫刀に!

2020年2月17日発売週刊少年ジャンプ12号『鬼滅の刃』194話のネタバレ予想考察です!日の呼吸十二の型をついに円環させた炭治郎。反対に無惨は珠世と胡蝶しのぶが生前仕込んだ薬で、九千年老いていたことが判明。老化により無惨の攻撃力は落ち炭治郎にとっては、無惨を攻め落とす絶好のチャンス。炭治郎はこのまま無惨を追い込むことができるのでしょうか?『鬼滅の刃』194話のネタバレ考察予想です!
鬼滅の刃

鬼滅の刃ネタバレ最新193話確定!珠世としのぶが死しても見せた無惨への攻撃!

2020年2月10日発売の、週刊少年ジャンプ11号最新話レタバレ!『鬼滅の刃』193話が確定しましたのでお届けします!先祖炭吉の意識を通し、縁壱が舞う日の呼吸を幾度も見たことで13個目の型を確信した炭治郎。夜明けまでひたすら日の呼吸の技を使い続けようと考えます。しかし炭治郎の体はボロボロの状態。果たして戦い続けることができるのでしょうか?『鬼滅の刃』193話最新話レタバレ確定の紹介です!
進撃の巨人

リヴァイの人気理由はゴロツキ時代?エルヴィンに誓い調査兵団に入った理由

大人気漫画「進撃の巨人」で、とても人気が高いリヴァイ。 リヴァイは調査兵団に所属し、兵長という役職です。 進撃の巨人という作品において最も重要な団が調査兵団といってもいいでしょう。 リヴァイはなぜ調査兵団に入ったのでしょうか? そしてリヴァイはなぜこんなにも人気がある? もしかしたらその理由は、リヴァイのゴロツキ時代にあるのかもしれません。 今回はリヴァイのゴロツキ時代を紹介するとともに、調査兵団に入った理由についてまとめていきます。
鬼滅の刃

鬼滅の刃あかざ(猗窩座)とは?上弦の参はどのように死亡したのか

鬼滅の刃で大きな敵となっている、十二鬼月。 その中でも、上弦の鬼の6人はとてつもない力を持っています。 そして主人公の炭治郎が初めて上弦の鬼と戦ったのが、上弦の参である猗窩座(あかざ)です。 猗窩座(あかざ)は映画化もされ...
最新話

ワンピース971話ネタバレ予想!赤鞘九人男救出劇と康イエのおでん城防衛戦!

2020年2月17日発売週刊少年ジャンプ12号『ワンピース』971話のネタバレ予想考察です!おでんと赤鞘九人男はカイドウ戦に優勢。しかし黒炭ひぐらしがマネマネの実の能力でモモの助に化けたことで、おでんは隙を作ってしまい、赤鞘九人男らと共に投獄。そして下された釜茹での刑。伝説として後世に伝えられたステージ、どのような展開が繰り広げられるのでしょうか?『ワンピース』971話のネタバレ考察予想です!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました