鬼滅の刃の柱強さランキング!最強な鬼殺隊と死亡してしまったのは誰?

鬼滅の刃
スポンサーリンク

今回の記事では、鬼滅の刃の柱の強さランキングをお伝えしていきます!

鬼殺隊の中でも、無類の強さを誇る柱。

十二鬼月と呼ばれる、無惨直近の鬼に対抗するためには、柱の存在が不可欠ですよね。

主人公の炭治郎も、柱の存在に一番近い存在と言っても過言ではないでしょう。

最新の話の中では残念ながらすでに死亡している柱もいますが、過去の強さも踏まえて個人的な強さランキングを紹介します!

>>十二鬼月とは?メンバーまとめ!

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃の柱とは?

鬼滅の刃の中で柱とは、鬼殺隊の中で最高位に立つ剣士のこと。

そして鬼殺隊は、人を喰らう”鬼”から太古より人を守ってきた政府非公認の鬼を狩る組織です。

 

基本的には各々が極めた全集中の呼吸の流派に従った”柱”という称号を持っています

例えば、炎の呼吸を極めた柱は”炎柱”と呼ばれ、水の呼吸を極めた柱は”水柱”と呼ばれます。

「柱」という漢字の画数が9な為、柱の定員は9人。

鬼殺隊の一般隊士とは次元の違う強さを持っていて、文字通り鬼殺隊を支えています。

 

そして柱の日輪刀には、刃元に”悪鬼滅殺”と刻まれた特別な意匠が施されています

柱は、鬼殺隊当主(お館様)である産屋敷耀哉と直接会う権利や戦場での指揮権を持ち、半年に一度開かれる隊律違反者を罰する為に開かれる柱合会議へ参加する権利を持っています。

また、戦死や引退等の理由で空席となった場合は階級が甲で、実力を持つ者の中から選ばれます。

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃の柱の強さランキング!

では早速、鬼滅の刃の柱の強さをランキングします!

現在は引退や死亡してしまった隊士も居ますが、鬼滅の刃で元々居た9名をランキングにしました

隊士の呼吸法や柱名、そして性格や技における特徴、どの鬼との戦いで柱の実力が生かされたのかなども記載しています。

それらを加味した上でのランキング!

個人的な見解が多分に含まれているので、本当のランキングというよりも、エンタメとしてお楽しみください!

 

柱の強さランキング9位:胡蝶しのぶ

鬼滅の刃、柱ランキング9位は胡蝶しのぶです。

胡蝶しのぶは蟲の呼吸の使い手である蟲柱

刀の先に毒を塗っておくだけで、触れた鬼でさえも即死させることができます。

単純な戦闘力では柱の中で恐らく最弱で、唯一鬼の頚を斬ることができません

しかし、鬼を殺せる強力な「毒」を操り、柱にまで上り詰めました。

鬼にも通用する毒と素早い「突き」を武器に姉の仇の上弦の弐・童磨と交戦し童磨も驚くほどの速さでしたが敵わず「地獄に堕ちろ」という言葉を残し童磨に吸収されました。

最期まで“痣の発現”はありませんでした。

>>胡蝶しのぶの最期はどのようなものだったのか!?

 

柱の強さランキング8位:煉獄杏寿郎

柱ランキング8位は煉獄杏寿郎。炎の呼吸法を使用する炎柱です。

水と同じく、柱に必ずいる炎の呼吸の使い手。

杏寿郎は、歴代の炎柱を輩出する名門・煉獄家の長男。

体術、武術、技術のどれもに恵まれていました。

天賦の才と幼い頃から絶えず努力を重ねた修練で剣の技を磨きぬいており、その力は凄まじく、技の威力は数十トンあろうかという列車横転の衝撃を緩和させることができる程です。

しかし、上弦の参の猗窩座の急襲から炭治郎たちを守る為、命を落としてしました。

>>煉獄杏寿郎は誰にやられた?カッコ良すぎる最期

 

柱の強さランキング7位:宇髄天元

宇髄天元は、音の呼吸の使い手の音柱です180センチの大柄な男で、二刀流の使い手。

忍者の子孫であり、次世代の頭領として育てられました。

宇髄は元々忍であったためか、隠密行動を得意としています。

柱の中でも音速のように速さに長け、攻撃は二刀流です。

攻撃は、音を伴い爆発させて繰り出します。

上弦の陸・妓夫太郎、堕妃兄妹との戦いで左目と左手を失い、猛毒に侵されながらも勝利しました。

“痣の発現”はなかったものの上弦の鬼を倒すという”100年以上”ぶりの快挙

現在では音柱の席を空けており、指導者として活躍をしています。

 

柱の強さランキング6位:伊黒小芭内

水の呼吸から派生した流派でもある、蛇の呼吸の使い手の蛇柱。

性格は蛇の様に陰湿で鬼に対しても問答無用で殺すべきという考えを持っています。

柱の中ではしのぶに次いで腕力が弱いですが、自身より力の強い筈の炭治郎を押さえ込むなど、非力さを補うほどの技を持ち、剣技にもそれが大きく活かされています。

正に蛇のように通常では考えられないような変則的な斬撃を繰り出すことが可能。

大蛇のような長くうねった長距離に斬撃を繰り出し、その変則的なラインに入った鬼の首を的確に切り落とします。

>>伊黒の甘露寺に対する想いが切ない

 

柱の強さランキング5位:時透無一郎

風の呼吸から派生した霞の呼吸の使い手。

無一郎の日輪刀は、緑の柄に金緑の四角を重ね合わせた鍔を持ち、霞の呼吸の白い刀身に「惡鬼滅殺」と彫られています。

担当刀鍛冶・鉄穴森が無一郎の最初の担当である鉄井戸の書付通りに打ち直した日輪刀を使用しています。

双子の兄・有一郎が鬼に襲われ無一郎は覚醒し、無意識のうちに日の呼吸を操っていたのか恐るべき力で鬼を撃退。

結果的に鬼は日の光で消滅しましたが、柱の中で血統的に始まりの呼吸である日の呼吸の使い手の末裔としての実力を持つ天才ともされています。

時透が大けがをした際に、救ってくれたため当主である産屋敷への忠誠心が強い。

普段ぼんやりとしているのも、その怪我で記憶の大部分を失っている事が影響しています。

記憶を取り戻した無一郎の凄まじい戦闘力は、上弦の伍・玉壺が本気で攻撃しても傷一つ付けることが出来ない程。

全集中・霞の呼吸・壱の型・垂天遠霞を操り玉壺を討伐せしめました。

さらに時透は覚醒すると額にアザができ、主人公の炭治郎とも共通点が多いとされています。

 

 

柱の強さランキング4位:不死川実弥

風の呼吸の使い手の風柱。

始まりの呼吸から派生した5つの呼吸の1つで、広範囲を薙ぐような技が多い。

風のような素早さとスタミナを持ち合わせています。

彼は稀血であり、稀血の中の稀血と自称するほど誘惑作用があるため鬼にとっては酩酊感を覚えるほど惹かれるものになります。

強い鬼ほど魅力的に見えるようで、稀血を利用した戦い方を上弦の壱との戦いでは見せました。

また上弦の壱との戦いでは致命傷を負いますが強さは変わらず傷を追うまで以上の速さでした。

 

柱の強さランキング3位:甘露寺蜜璃

恋柱である甘露寺は恋の呼吸の達人。

女性ならではの、関節の柔らかさから繰り出される技は非常に強く、生まれつき捌倍娘と称される特殊な筋肉繊維を華奢な体躯に秘めていて筋肉の密度が最強レベルです。

現在は情人の8倍もの密度があり、わずか1歳で15kgの漬物石を軽々と持ち上げるほど。

見た目からは想像できないほどの強者で、新体操のリボンのようにしなる刀で鬼をバラバラにします。

新体操のリボンにも似た薄く布のようにしなやかな刀身を持つ日輪刀と特殊な身体能力を駆使した斬撃は、あまりの速度で切られた鬼も気づかぬほど。

壱の型・初恋のわななきで上弦の鬼を切り刻みました。

 

柱の強さランキング2位:冨岡義勇

水の呼吸法を使う水柱。

炭治郎が初めて出会った鬼殺隊士であり一話目から登場しています。

義勇の日輪刀の色は深い水色。

戦闘には“全集中の呼吸”を用います。

炎と水の呼吸の柱は、どの時代にも必ず入っていたという通り、柱の中でもトップクラスの呼吸だと言えます

そして、10代という若さで柱になっています。

現実的で冷めており、感情を表に出すことはほとんどありません。

間合いに入った術は全て無(凪)と化し、鬼は自分が切られた事すら気づかず穏やかに倒れる水の呼吸拾壱の型を体得しています。

壱の型から拾の型の切れ味は、伊之助でさえ傷を負わせる事ができなかった大鬼の身体を豆腐のごとく切り裂くことが可能です。

 

柱の強さランキング1位:悲鳴嶼行冥

鬼滅の刃、柱ランキングの堂々第1位は悲鳴嶼行冥。

作中でも記載がありますがやはり柱の中で悲鳴嶼行冥が最も強いと言えるでしょう

悲鳴嶼は岩柱・岩の呼吸の使い手。

いつも数珠をジャラジャラと鳴らしながら泣いています。

産屋敷が自爆した後、鬼舞辻のトドメを刺す役目を貰うなど、悲鳴嶼の強さは他の柱とは違うことが分かります。

柱に入る前も、鬼を素手で倒したほどの実力の持ち主でした。

悲鳴嶼は盲目ですが、その代わり心眼で他人を見通す力に長けています。

数々の苦難を乗り越えてきたからか精神面でも強く、産屋敷の訃報を聞いても動揺は見せず、痣を出現させたことで命の期限が迫っている可能性を指摘されても少しも動揺を見せませんでした。

また、躊躇なく敵を屠れる冷酷さと判断力の高さを持っています。

「最も重要なのは体の中心足腰である強靱な足腰で体を安定させることは正確な攻撃と崩れぬ防御へと繋がる」していますが、上弦の壱との戦闘を見ても鉄球をつけた鎖をまるで見えているがごとく振り回すことや完成された肉体から、途方もない努力をかさねてきたことがわかります。

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃の柱で最強なのは誰?

現時点で最強の柱は、間違いなく岩柱の悲鳴嶼行冥でしょう。

無惨との戦いの中で、恋柱である甘露寺が「悲鳴嶼さん早くこないかな」と言っているぐらい。

柱にも頼られる悲鳴嶼行冥は、本当に最強ではないでしょうか。

 

過去の柱で最強だったのは?

過去に最強だった鬼殺隊の隊士といえば、確実に”継国縁壱(つぎくによりいち)”です。

縁壱は、全ての呼吸の「はじまりの呼吸」とも言われる、日の呼吸の使い手。

日の呼吸を使える人は稀です。

縁壱が柱と呼ばれていたという描写がなかったため、正確には柱だったかはわかりません。

しかし無惨を倒すあと一歩のところまで持っていった縁壱は、確実に最強でしょう。

現在、炎の呼吸は存在して炎柱があるのに、”火の呼吸”や”火柱”がないのは、”日の呼吸”があるためではないでしょうか。

そのため、日の呼吸を極めた柱は”日柱”になるものと思われます。

 

将来の柱で最強になるのは?

そして、将来的に最強になる柱は、間違いなく主人公の炭治郎でしょう。

まだ柱という存在ではありませんが、縁壱が使っていた日の呼吸を使っているため、間違いなく最強の柱になると予想されます。

今はまだ成長段階の炭治郎。

今後の成長に期待です!

鬼滅の刃:日の呼吸とヒノカミ神楽の関係は?初代使い手である縁壱から派生した呼吸
『鬼滅の刃』で鬼殺隊士たちが鬼を滅する際に使う「全集中の呼吸」。この呼吸がないと、鬼を滅することができません。それゆえに鬼と戦うものたちにとって、この呼吸法を身に付けることが必須です。その呼吸法には様々な種類があり、...

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃の柱で死亡してしまっているのは誰?

鬼殺隊として、最強の柱たち。

しかしそれでも、鬼という存在は容易に殺せるものではありません。

特に、無惨直下の鬼の組織である「上弦の鬼」相手では、柱でさえも命を落としてしまうことも。

現時点で、死亡している柱をまとめました。

 

柱の中で死亡したキャラクターその1:炎柱の煉獄杏寿郎

まずは、炎柱の煉獄杏寿郎です。

鬼滅の刃の中でも人気のストーリーである無限列車編で、上弦の参である猗窩座との対戦で死亡してしまいました。

無限列車編がトラウマだ、という声もあるのですが、それは杏寿郎の死があまりにも衝撃的だったからです。

杏寿郎が死亡するまでは、柱は最強の存在として流石に死なないだろう、というイメージだったのですが、あまりにも早すぎる死に、ファンはトラウマになったようです。

 

柱の中で死亡したキャラクターその2:蟲柱の胡蝶しのぶ

次に死亡したのは、蟲柱である胡蝶しのぶ。

上弦の弐である童磨と対戦しているなかで、死亡してしまいました。

可愛い顔をしていますが、言葉はきついというギャップのあった柱でしたね。

最期の言葉も童磨に対して「地獄に堕ちろ」という言葉でした。

そして、童磨の意識の中でしのぶが笑顔で「とっととくたばれ糞野郎」と言っているシーンは傑作ですよね。

 

柱の中で死亡したキャラクターその3:霞柱の時任無一郎

そして、霞柱の時任無一郎も死亡しています。

対戦相手は、上弦の壱である黒死牟。

時任は刀を握って2ヶ月で柱になったとされるほどの天才。

しかし、月の呼吸を極めた鬼である黒死牟には負けてしまいました。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

現在、鬼滅の刃の主人公である竈門炭治郎が柱の有力候補と言われています。

もし炭治郎が柱に入るとしたら鬼滅の刃、柱ランキングとしては10位になるとは思いますが、炭治郎の優しい心根。

そして優れた嗅覚や炭十郎から受け継いだヒノカミ神楽の呼吸法を体得しており、これを日輪刀と併せて振るうことで全集中の呼吸による技以上の威力を引き出せる為、柱としても活躍していってくれるのではないかと思います。

悲鳴嶼も痣を出現させたことで命のタイムリミットが近付いてきている可能性がある為、今後柱として活躍してくれるから未だ不明ではありますが、強靭な肉体と精神力によってタイムリミットをも覆してくれると信じています。

タイトルとURLをコピーしました