キングダム

飛信隊メンバーの役職などまとめ!信の他には羌瘣や松左や河了貂も!

天下の大将軍をめざして、とてつもない勢いで成長を遂げている信ですが、その昇格と共に、隊の数、隊の規模も大きくなってきています。

王騎将軍から授かった隊の名前は「飛信隊」

この飛信隊は初期メンバーのほとんどが農村出身にもかかわらず、独自の力でどんどん強くなっていきます。

初陣であんなにビビっていた竜川も、いまや部隊長として大勢率いて戦っています。

その原動力となるのはやはり信の存在。

大将自ら先陣を切って突撃し、更にはすさまじい強さで敵を圧倒する姿にみんな胸を熱くし、士気を高めています。

今回は、そんな飛信隊のメンバーを見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

飛信隊とは

信が率いる勇猛果敢な武将たちのことで、個性豊かなメンバーが集まっています。

結成当初から苦楽を共にしている田永・田有や山陽戦より仲間に加わった楚水の隊、合従軍せんより加わった岳雷・我呂などがいます。

新たにメンバーを加えるたびに強さを増していき、それを束ねる信もどんどん強さを増しています。

そんな飛信隊の個々のメンバーを、特徴や名場面と共に紹介していきます!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

飛信隊の主要なメンバー一覧とその役職

飛信隊の主要メンバーを役職とともに見ていきましょう!

 

軍師:河了貂

飛信隊の軍師を務め、仲間からは娘軍師と呼ばれています。

女性ながら昌平君の元で兵法を学び、飛信隊の軍師となりました。

その理由は「信と一緒に幸せになりたい」から。

その想いは強く、どんどん大きくなる飛信隊を的確に動かし、朱海平原の戦いでは右翼の軍師を務め、見事、事実上の勝利をつかみ取りました。

これから大将軍になる信にとって最重要な役割を担っています。

 

副長:羌瘣

復讐を終え、飛信隊の副長として戻ってきた羌瘣。三千人将。

なんと目標は大将軍になることだそうです。

そして、信との子供を授かることも目標として掲げましたが、子作りの方法を知ると顔を赤らめたため、もしかしたら信との子供はないかもしれないですね。。

>>羌瘣のイメージする子作りが独特すぎる!

 

羌瘣の剣術と頭のキレの良さは誰もが認めるところ。

羌瘣の必殺技はトーンタンタンでお馴染みの「巫舞」

愛刀の緑穂(りょくすい)と共に、敵を切り刻みまくり、何度も飛信隊を窮地から救い出します。

その姿は「人では無い」と言います。

戦力としては申し分ないので、後は将としてどれだけ軍を率いる力があるか、羌瘣の檄(げき)にも注目です。

 

副長:渕さん

王宮からの連絡係のはずが、飛信隊の副長を務めることになってしまった渕さん。

しかし、信と共に修行を乗り越えたこともあって、信がいないときには殿を務めることもあります。

黒羊丘の戦いでは、激流を渡る大役を見事果たしました。

古参の渕さんは、飛信隊にとって最も信頼できる存在です。

 

副長:楚水

郭備(かくび)千人将の隊の副長を務めていて、郭備が輪虎に討たれてからは飛信隊の副長として活躍します。

山陽の戦いでは、急遽作られた千人の飛信隊の元で、複雑な兵法ではなく、単純な兵法で敵を圧倒しました。

基本戦術に加えて武勇も備えている楚水は、飛信隊の貴重な戦力となっています。

 

岳雷

元麃公軍の千人将であり、最前線で活躍してきた岳雷。

麃公将軍が亡くなった後は飛麃として飛信隊で活躍します。

力技が必要なときに確実に成果を出してくれるのがこの岳雷。

無口で、今はまだ見せ場は訪れていませんが、今後大活躍すること間違いなしの実力を持っています。

 

我呂

岳雷と共に、飛麃として活躍する我呂。

口が悪く、いつも悪態をついていますが、核心を突いた質問をすることも多いのがこの我呂です。

テンが人質にとられたときも、信に対し「河了貂はお前の女なのか?」と質問し、それに対する信の答えが仲間の士気を高めることにつながりました。

また、戦場では信や羌瘣の厳しい作戦に暴言を吐きながらも、死力を尽くして戦います。

朱海平原の戦いで、大乱戦で大忙しの中、羌瘣に楔(くさび)の役割を頼むと言われ、無茶苦茶だ、と言いながらも見事役割を果たします。

飛信隊の中でも数少ない信にバシッと意見を言えて、戦力的にも文句なしの我呂。

これからも飛信隊の中心で活躍してもらいたいです。

 

副歩兵長:松左

いつも的確な助言で信を落ち着かせる飛信隊の副歩兵長を務める松左。

なかなか大きな戦がおこらず苛立っている信に「コラ。」と頭を叩き、今は力を蓄える時期だと言い、信を落ち着かせます。

朱海平原の戦いでは、テンに歩兵の殿を任され、得意の槍術で次々に敵を倒していきます。

しかし、テンの「救えるところだけ救って」という作戦に背き、絶体絶命の新人の隊の元へ駆けつけ、救い出します。

そこで重傷を負い、瀕死の状態に。

そんな中でも新人たちに向かって、檄を飛ばし、死地を切り抜けます。

「楽しかったな 飛信隊は本当に最高だ」

この言葉を最後に、最後は駆けつけた信の胸の中で命を落としました。

飛信隊において、周りが見え、冷静に戦局を見極めることが出来て、精神的支柱ともなっていた松左がいなくなるのは、飛信隊にとってあまりにも痛すぎます。

 

歩兵長:崇原

巧みな剣術で飛信隊で歩兵長までのし上がった崇原

崇原直属の兵達も相当な剣術バカで、次々に敵を切り刻んでいきます。

松左と共にいろんな隊を渡り歩いてきたようで、崇原もまた、「飛信隊は最高だ」と思っています。

プライドも高く、我呂に歩兵は亀といわれたときも率先してケンカを買いに行く気の強さも見せます。

今後は松左の想いも乗せて、持ち前の気の強さと剣術で戦局を優位に進めてくれることでしょう。

 

魯延(ろえん)

馬陽の戦いにて、信百人隊による横撃が成功したものの、趙軍の防陣を抜けない信たちに、起死回生の進言をしたのがこの魯延です。

「隊を二つに分けるのじゃ」

この進言によって、信たちは馮忌本陣までせまることができ、見事馮忌を討つことが出来ました。

また、玉鳳隊にバカにされた後に、策を授けたのもこの魯延じいです。

「死体に紛れて敵をやり過ごし、背後から敵を討つのじゃ!」

という作戦も大成功!

歳の功とも言ってもいい作戦で、飛信隊を勝利に導きましたが、山陽戦後に引退しました。

 

沛浪

第一伍長として飛信隊に入隊した沛浪。飛信隊の部隊長。

沛浪は腕っぷしが強く、戦場でいつも強気ですが、冷静に行動できる強みがあります。

みんなが熱くなっているときにも、熱くなりすぎずに冷静に判断し、周りを落ちるかせる場面も多く見られます。

馬陽の戦いの夜襲で万極に追われているときのことです。

なんとか信を逃がそうと、相手を挑発し、囮の役を買って出ます。

「飛信隊 脱出だ!」

この声のもと、万極軍の大半を引き付けることに成功します。

信が不在のときでも、沛浪がいれば士気を高く保ちつつ、冷静に戦うことが出来そうです。

 

田有

飛信隊結成当初から、怪力の持ち主として、防陣を突破するときには頼りになる存在であった田有。

竜川を連れてきたのもこの男です。

合従軍戦では、李牧の側近である傅抵(ふてい)に深手を負わされながらも、信にやられて戻ってきた傅抵を吹っ飛ばしました。

当初から信のことを騎兵殿と呼ぶなど、信のかっこよさに陶酔している様子の田有。

その忠誠心から今後も身を挺して信を守ってくれることでしょう。

 

田永

勝ち気で、口が悪く、すぐ怒りがちな田永ですが、その実力は本物です。

馬陽の戦いで龐煖の夜襲を受けたとき、田永はこう叫びます。

隊員が何人死んじまおうが、そいつさえ死ななけりゃ 飛信隊は死なねえんだからよ!」

この言葉を受け、飛信隊は信を逃がす為に死力を尽くし、信を守り抜きました。

いつも強気で興奮気味な田永ですが、この田永のいつでも燃え上がっている闘志をみて、隊のみんなが活気づいています。

 

尾平

飛信隊のムードメーカーとして絶対的地位を築いている尾平。現在三什長。

酔っぱらった時には信の恥ずかしい話を何回もするなど、アホですが隊の雰囲気を和ませているのはこの尾平です。

そんな尾平が桓騎軍に入った時、一度だけ盗みを働いたことがありました。

それを信に見つかり、殴られ、猛省したときに、こんな言葉を口にしました。

「お前と一緒に戦いてぇって思ってついていってんだ。それに、実際のところ我慢なんてねえぞ。みんな乾いてねえんだ。どこの隊よりも潤ってるから、略奪も凌辱もしねぇんだ。」

尾平の言う通り、飛信隊のみんなは戦っているとき、みんな輝いているように見えます。

必死に死線をくぐり抜けようとしてる時も、自分の命を燃やし、輝かせているように見えます。

そんな姿がとてつもなくかっこよく、私たちの心に響いてくるのでしょう。

誰よりも飛信隊を分かっているのは尾平なのかもしれません。

 

尾到

尾平の兄で、寡黙で男気のある信の兄貴分的な存在。

漂が亡くなった後、久しぶりに会った信に「信 お前なんか身長のびたか?」と兄貴的発言をしています。

更には、馬陽の龐煖戦で負傷した信を避難させた後、信の横でこう言います。

今夜けっこうな仲間が死んだかもしれねェが、下向く必要はねェ。みんなお前と一緒に夢を見てぇと思ったんだ。 これからもお前は大勢の仲間の想いを乗せて 天下の大将軍に駆け上がるんだ

この言葉を最後に尾到は息を引き取りました。

兄貴、めちゃめちゃかっこよかったっす。

 

澤圭(たくけい)

信の初陣の蛇甘平原の戦いで伍長として信と共に戦った人物。

澤さんの隊は「一人も死んでいない」ようで、戦が強くはないものの弱者なりに敵の攻撃を交わしつつ戦うことで、数多くの戦を切り抜けてきました。

馬陽の戦いで、龐煖(ほうけん)が夜襲してきたときには、気絶している信が龐煖に切られそうになっているところを尾到・尾平と共に盾を使って防ぎ切りました。

 

竜川

馬陽の戦いから飛信隊に加わった巨体で馬鹿力の持ち主。飛信隊の部隊長。

戦いが始まる前に顔色を悪くし、逃げ出したい気持ちを抑えきれなかった竜川ですが、信の檄により、頭を地面に打ち付け士気を高めます。

この時のことを後に五千人将になった信にいじられるとは思わなかったでしょう(笑)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ

飛信隊のメンバー、いかがでしたでしょうか。

どのメンバーもキャラが濃すぎて、思い入れがありすぎて、紹介したくても紹介しきれないほどでした。

実際に紹介できないメンバーもいまして、申し訳ないなあとも思っています。竜有とか(笑)

これから将軍や大将軍になるにつれて、田永や竜川の隊も三千人隊とかになってきたら、それは面白くなるなあとおもったり、尾平が後から飛信隊に入った千斗(かんと)に抜かされそうだなあと思ったり、、、。

いろんな想像を膨らませると面白いです(笑)

今すぐお得にアニメや漫画を楽しみたいならU-NEXTがオススメ!

 

  • お得にアニメや漫画を楽しめないかな・・・
  • 過去のアニメをお得に一気に見たい・・・
  • テレビの放送時間ではタイムリーにみることができないので、時間を気にせず見たい・・・

 

これは、かつて私が持っていた悩みでした。

しかし「U-NEXT」との出会いにより、この悩みは全て解消しました!

U-NEXTはいつ解約してもOKで、31日間の間に解約すれば、一切の料金はかかりません!

今すぐ無料でアニメや漫画を楽しみたい方は↓からどうぞ^^

 

【無料】今すぐお得にアニメや漫画を楽しむ

見逃し配信バナー↑今すぐお得にアニメや漫画を楽しむ